火葬で良いのか? その環境負荷と新たな選択肢

増える人生最後の選択肢、液状に分解する方法や堆肥化も

2019.11.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒンドゥー教伝統の合同火葬で燃える棺。2013年8月18日、インドネシアのバリ島にて。(PHOTOGRAPH BY PUTU SAYOGA, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では過去4年で火葬が土葬を上回り、最も人気の葬送方法になったと、全米葬儀ディレクター協会が発表した。遺骨や遺灰を生まれ変わらせる独創的な方法もさかんに宣伝されている。プレスしてレコード盤にしたり、岩礁を造るのに利用したり、あるいは圧縮してダイヤモンドにしたりするのだ。

 火葬はまた、死体防腐処理(エンバーミング)と棺を使用する土葬よりも、環境に優しい選択肢として宣伝されることが多い。費用だけではなく環境への配慮が、火葬人気の一因なのかもしれない。(参考記事:「蘇生を願い、人体を冷凍保存する人々 写真16点」

「なかには、環境への配慮が理由の一つだという人もいます」と話すのは、米ワシントン州に本部を置く、人生最後の選択を支援する団体「ピープルズ・メモリアル・アソシエーション」の事務局長、ノラ・メンキン氏だ。

 確かに、遺体にホルムアルデヒドを詰め込んで、コンクリートで囲って埋葬するよりは、火葬の方が、環境に与える害は小さい。それでも負荷はある。火葬には大量の燃料が必要であり、年間数百万トンの二酸化炭素を排出している。このため、一部の環境保護論者は、火葬の仕方を考え直そうとしている。(参考記事:「“眠れる美少女”の謎が明らかに」

 例えば米国の一般的な火葬では、「乗用車のガソリンタンクほぼ2つ分のエネルギーを消費し、温室効果ガスを排出します」と、メンキン氏は話す。「したがって、無害ではないのです」

もっとクリーンな火葬へ

 火葬による環境負荷は、地域や方法によって変わる。インドでは、ヒンドゥー教の古くからの伝統により、近親者が死ぬと野外にまきを積んで火葬する。そのためには大量の木を伐採する必要があり、火葬は大気と河川を汚染する。(参考記事:「どうなる? 日本の「死」と葬儀」

 こうした汚染を抑えようとする動きがある。非営利団体「モクシュダ・グリーン火葬システム」は、1992年以来、村々の葬儀で、従来よりも燃料効率の良い仕組みを利用できるようにしている。

 モクシュダが行う火葬では、まきで熱した金属製の台を使う。まきを積んで燃やす伝統的な方法よりも短時間で、必要な木も少なくて済む。灰でいっぱいになった台をどかし、遺体を載せた別の台と入れ替えれば、次の火葬に移るのも容易だ。

次ページ:火葬の環境負荷を減らす取り組み

おすすめ関連書籍

リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる

自分らしい定年を迎えるための心のガイドブックです。心理学の研究をもとに、「リタイア」を迎える時期に感じる、様々な疑問に答えています。

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加