グリーンランドの海氷コアサンプリングの際に採集されたプラスチックの微小な繊維と破片を、研究船クロンプリンス・ハーコン号の実験室の顕微鏡下で見たもの。(PHOTOGRAPH BY LAWRENCE HISLOP)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ここは北極圏のグリーンランド海。ノルウェー極地研究所の研究者であるインゲボルグ・ハランガー氏は、氷の上でプラスチックを採取している。

 私たちはグリーンランド北東の浅い海岸に固着した「定着氷」の上に立っている。見渡すかぎり続く白く平らな氷の上には、氷が解けてできた青い水たまりとクモの巣のようなひび割れがあちこちに見える。

 ハランガー氏は、厚さ1メートルほどの氷にあけた穴をのぞき込み、氷の下の海水へホースを下ろす。調査チームのほかのメンバーはライフルを持って周辺をパトロールしている。ホッキョクグマが現れたら、近くの船に退避するためだ。ハランガー氏はポンプのスイッチを入れ、海水をろ過しはじめた。

 大都市から何百キロも離れたこの場所が、地球上で最悪レベルのプラスチック汚染地になっている。研究によると、この地域の海洋マイクロプラスチックの濃度は、有名な5カ所の海洋ごみベルトの濃度より高い。最近では、空気中のマイクロプラスチックが雪と混ざって極北に降り積もっているとする報告もあった。(参考記事:「太平洋ゴミベルト、46%が漁網、規模は最大16倍に」

 生態毒性学者であるハランガー氏は、合成物質が、氷のそばに暮らす生物たちに及ぼす影響を解明しようとしている。

「氷にそれほど多くのプラスチックが含まれているというのが本当なら、氷の中や下にすむ生物は、海の中で最も汚染された場所にすんでいることになります」と彼女は言う。

プラスチックは北へ

 ハランガー氏が研究を行っているグリーンランド東部と、ノルウェーのスバールバル諸島に挟まれたフラム海峡には、複数の海流が集まっている。最近の研究によると、この海峡で、海氷1リットルあたり1万2000個以上のマイクロプラスチック粒子が見つかっている。汚染された都市の沖に浮かぶマイクロプラスチック粒子に匹敵する密度だ。さらに、フラム海峡の海氷に積もった雪からは、1リットルあたり1万4000個ものマイクロプラスチック粒子が検出されている。

 フラム海峡だけではない。科学者たちは、カナダの北からシベリア沖まで、北極圏の広い範囲でマイクロプラスチックを確認し、その理由を明らかにしはじめている。北極海の海底のいくつかの場所で測定されたプラスチック粒子の数は世界最多レベルだったし、北極の動物の体からもプラスチックは見つかっている。なかでも多いのが鳥だ。フルマカモメはプラスチックを集める磁石のようになっている。(参考記事:「魚を育む「潮目」に大量のマイクロプラスチック」

「私たちが過去30年間に北極地方全域で調べてきたフルマカモメのすべての群れが、体内にプラスチックを含んでいました」と、カナダ野生生物局のジェン・プロベンシェル氏は言う。

次ページ:どこにでもプラスチックが

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,083円+税