彼女たちはなぜ、紛争の最前線で戦うのか

事情はさまざまだが、軍事組織に加わる理由はひとつ

2019.11.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特集フォトギャラリー5点(画像クリックでリンクします)
ノースカロライナ州にある基地で、有事に備えて体を鍛える米海兵隊のガブリエル・グリーン伍長。男性も担げなければ隊員の資格はない。海兵隊には毎年3万8000人が入隊するが、うち約3500人が女性だ。PHOTOGRAPH BY LYNSEY ADDARIO

 シリアの砂漠から南スーダンの草原、戦乱で荒れ果てたコロンビア西部のジャングルまで、今、紛争の最前線で戦う女性が増えている。制服の色や置かれている状況はさまざまだが、彼女たちが軍事組織に加わる理由は同じ。祖国の役に立ちたいという思いだ。

 己の自信と能力と強さを誇示し、子どもたちの手本になることを目指している。なかには男性兵士にはない、大きな目的を語る者もいる。それは国や地域の枠を超え、世界中の女性と女の子の暮らしをより良いものにすることだ。

前線任務や戦闘参加も

 先進国のなかで、女性兵士の前線任務や戦闘参加が認められている国は、少なくとも16カ国ある。

 女性の戦闘参加が可能になっても、司令官は前線への派遣をためらいがちだ。けれどもテロの攻撃や民族の衝突が頻発する昨今、「女性兵士がどこでどんな任務に就いていたとしても、危険に巻き込まれる可能性はあるのです」と話すのは、米海兵隊のミスティ・ポージー中佐だ。彼女は2019年半ばまでの2年間、米国サウスカロライナ州のパリス島にある海兵隊訓練所で女性新兵を指導していた。  

 ジョセフィーヌ・ムハウェニマナは、国連平和維持軍の曹長として、内戦や民族対立が続く南スーダンに派遣されている。東アフリカのルワンダで、「強くて、ほかの人を勇気づけてあげられる」という理由から警察官になった彼女は、2児の母でもある。

 1994年に起きたルワンダ虐殺から逃げ延びた経験があり、当時のことを「今もはっきりと覚えている」と言う。そうしたおぞましい悲劇が南スーダンで起きないように、平和維持活動が力になれたらと考えているのだ。ムハウェニマナによれば、この国の女性たちは、彼女の仕事を誇らしく思ってくれているようだ。思春期を終えようとしている娘たちに、結婚以外にも道があることを示し、感謝されていると語ってくれた。

 コロンビアの左翼ゲリラ、民族解放軍(ELN)では、イェセニアという名前の女性指揮官が20年前から活動している。彼女は森で娘を産み、一緒に数カ月も移動したことがあるという。自分が戦うのは貧しい人、先住民、そして女性の権利のためだとイェセニアは語る。「出身地も違うし、理由もさまざまですが、女性たちはみんな懸命に戦っているんです」

※ナショナル ジオグラフィック11月号「戦場に立つ女性たち 」では、軍隊における役割が拡大し、女性たちが紛争の最前線や平和維持活動の場で任務に就いている現状をお伝えします。

文・写真=リンジー・アダリオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加