1922年のサイレント映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』のワンシーン。ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』の非公認の翻案であり、俳優のマックス・シュレックがオルロック伯爵を演じた。その姿は東欧の民間伝承の吸血鬼に近い。(ALBUM)

 アイルランド人作家ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』が1897年に刊行されたとき、元の原稿にあった序文はカットされていた。

 世界一有名になった吸血鬼“ドラキュラ伯爵”の生みの親は、自分は純粋なフィクションを書いたのではない、とその序文に記していた。「ここに描かれた出来事が、一見どれほど信じがたく、不可解に思えようとも、実際に起きたのだということは少しも疑いがない。私は強くそう信じている。また、それ以上に確信するのは、こうしたことは、常にある程度不可解なままに違いないという点だ」(参考記事:「バンパイアと人狼、伝説誕生の経緯を検証する」

 死にきれなかった亡者が歩き回り、生きている者を襲う。ドラキュラ伯爵は、東欧で根強く信じられていた伝承の文学的な集大成だった。

 その作者であるストーカーをはじめ、19世紀の作家たちに絶大な影響を与えたものの1つが、18世紀のベネディクト会修道士にして著名な聖書学者ドン・オーギュスタン・カルメの著作だ。2巻からなるカルメの著書が出版されたのは1746年のこと。『天使、悪魔、霊の出現、およびハンガリー、ボヘミア、モラビア、シレジアの亡霊・吸血鬼についての論考』と題された超自然現象の調査記録は、貴重な吸血鬼伝承の宝庫だった。

 カルメは、17世紀後半から18世紀初めに東欧で起きた吸血鬼事件の報告を慎重にかき集め、検討した。これらの報告は、信頼できる情報源に基づいているにもかかわらず、詳しい記述の内容はおよそ現実離れしており、その隔たりの謎を解明しようと、やがて哲学者や医師たちの間に激しい議論を巻き起こす。(参考記事:「ブルガリアの吸血鬼、鉄杭と抜歯の意味」

次ページ:カルメが伝えた有名なアルノルト・パウルの事例

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学で解き明かす超常現象

ナショジオが挑む55の謎

雪男や吸血鬼、UFO・宇宙人からミステリーサークル、モアイ像、アトランティスなどの古代文明・遺跡まで。謎に満ちたあの現象の真相を、科学が解き明かします。

定価:本体1,400円+税