希少「幽霊ラン」に危機、世界を魅了する美しい花

研究が軌道に乗り始めた矢先に判明、米フロリダ州

2019.11.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フロリダ州南部にある3つの保護区を中心に生育する希少な幽霊ラン。美しい花は世界中の人々を魅了してきた。(PHOTOGRAPH BY MAC STONE)

 英語で「ゴーストオーキッド(幽霊ラン、学名Dendrophylax lindenii)」と呼ばれる希少なランは、キューバと米国南フロリダの湿地林でしか見られない。現在、フロリダでの生育数はおよそ2000株だ。葉を一切持たない無葉蘭で、緑色の茎を木にくねくねと這わせて体を固定し、空気中から水分を吸収している。一年の大半は、人目を引かない容姿をしている。

 ところが、花を咲かせると幽霊ランは一変する。その美しさは衝撃的だ。花は眩しいほど白く、日の差さない緑色の湿地でも独特の輝きを放つ。花びらから伸びるほっそりとした2本の突起が風に揺れると、まるで空中に浮遊しているかのようだ。この幽霊ランは、人の手の入っていない、湿度が非常に高い森でしか生育できない。

 幽霊ランを手軽に見に行ける場所のひとつが、米国最大のヌマスギの老齢林であるコークスクリュー湿原保護区だ。しかし、その幽霊ランが今、危機に瀕している。新たな研究で、コークスクリュー湿原の水が枯れつつあることがわかったのだ。学術誌「Wetland Science & Practice」に先日発表された論文によると、一帯の湿地や特定の時期に水没する林では、乾期が長くなり、水の引き方が速くなり、全体の水量も減っているという。

 論文の著者は、同保護区の研究主任であるショーン・クレム氏と水文学者のマイケル・デューバー氏の2人で、取り上げているのはコークスクリュー湿原のみだが、科学者や保護活動家は、フロリダの幽霊ランの大半は同じ問題に直面していると指摘する。土地利用の変化や開発のせいで、幽霊ランの生育地に水が流れ込みにくくなっているためだ。

ギャラリー:希少「幽霊ラン」に危機、世界を魅了する美しい花 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
幽霊ランにとって重要な宿主であるイヌバンレイシの木。長期の水没に耐えることができ、葉の茂る林冠は幽霊ランにとって理想的な環境を生み出す。(PHOTOGRAPH BY MAC STONE)

脅威は保護区の外にも

 フロリダの幽霊ランの大半は、国立の野生保護区、国有林、コークスクリューのような私有の保護区といった、保護されたエリアに生育している。これらの場所はどこも、幽霊ランをはじめ、土壌に根をはらない他の着生植物が必要とする条件を備えている。その条件とは、春の終わりから秋にかけての雨期に、一帯にとどまる水がもたらす高い湿度だ。

 幽霊ランがこれまで乾期を生き延びてこられたのは、湿地が乾き切ってしまうほど長く乾期が続かなかったからだ。たとえばコークスクリュー湿原では、1960年から2000年までの間で、ヌマスギの森から水が引いた期間は最長で2カ月だった。

次ページ:「こんなことは歴史上、一度もありませんでした」

おすすめ関連書籍

心に響く 樹々の物語

ナショナル ジオグラフィックの写真家が、2年をかけて五大陸をまわり、物語のある美しい樹木を集めました。

定価:本体2,750円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加