大量絶滅後の100万年を示す貴重な化石を発見

岩石を割って発見された、6600万年前の大量絶滅を生き延びた脊椎動物の頭骨。見えているのは、古生物学者タイラー・ライソン氏の手。(PHOTOGRAPH BY HHMI TANGELED BANK STUDIOS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー