大きな耳、ふさふさの尾、ネズミのような歯など、多くの変わった特徴を持つ霊長類のアイアイ。その異常に長い第4指を使って、木の中から昆虫の幼虫をかき出して食べる。(PHOTOGRAPH BY PETE OXFORD, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 米ノースカロライナ州立大学の准教授であるアダム・ハートストーン・ローズ氏は、肘から先の前腕の筋肉を研究している。ともすると見過ごされがちだが、驚くほど精巧にできていて、手指の繊細な動きをコントロールする筋肉だ。これがなければ、モーツァルトのピアノ協奏曲を弾くことはできない。

 さらに氏は、様々な霊長類の前腕(前肢)も研究し、異なる種の間でどのような解剖学的違いがあるのかを比較している。そしてこのたび、マダガスカルにすむ霊長類アイアイ(Daubentonia madagascariensis)の6本目の指を発見し、10月21日付けの学術誌「American Journal of Physical Anthropology」に論文を発表した。

 研究室にアイアイのサンプルが舞い込んできたとき、ハートストーン・ローズ氏は小躍りしたという。「アイアイの手と指はかなり変わっているというので有名なんです」。研究のし甲斐があるというものだ。

 アイアイはとりわけ奇妙な生き物だ。マダガスカルに分布するキツネザルの仲間で、大きさはイエネコとほぼ同じ。第3指と第4指が異常に細長い。この長い指で木の幹を叩いて、昆虫の幼虫を探す。キツネザルの中では体重に対する脳のサイズが最も大きく、その賢い脳で幼虫の穴を探し当てる。いったん穴を見つけたら、げっ歯類のような前歯で木の皮をかじり、箸のような指を差し込んで獲物をかき出して食べる。(参考記事:「動物大図鑑 アイアイ」

 アイアイを調べていたハートストーン・ローズ氏らは、前腕から親指に伸びる「長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)」と呼ばれる筋肉に注目した。人間の場合、この筋肉を使って親指を外転、つまり親指を立てることができる。「これのおかげで、ヒッチハイクができるわけです」と、ハートストーン・ローズ氏は説明する。

 ほとんどの霊長類の場合、長母指外転筋は親指の付け根に付着している。だが、アイアイではその一部が枝分かれして、手首の近くにある「橈側種子骨(とうそくしゅしこつ)」という骨に付着していた。

 普通の霊長類の場合、橈側種子骨はごく小さな骨だが、アイアイのそれは細長い。

次ページ:奇妙な手にあった「偽の親指」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税