南極にも大型の翼竜、博物館の焼け跡から発見

2018年に炎上したブラジル国立博物館から、太古の貴重な化石が見つかった

2019.10.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アズダルコ科の翼竜のイメージ図。ブラジル国立博物館の火災をくぐり抜けた化石は、同科の翼竜が南極の空にも飛んでいた可能性を示している。(ILLUSTRATION BY MARK WITTON)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年、リオデジャネイロにあるブラジル国立博物館が大火に見舞われた。失われた膨大な収蔵品の中には、世界的に重要な化石も多数含まれていた。しかし今、焼け跡から回収された7000万年前の化石が、研究者たちに希望の光を与えている。(参考記事:「収蔵品の約9割を消失、火災のブラジル国立博物館」

 今回見つかったのは、空飛ぶ爬虫類、翼竜の化石だ。恐竜時代の終わりごろの化石で、南極半島の先端近くにあるベガ島で採集された。調査の結果、別の建物で火災を免れた化石とあわせて、当時の南極上空を翼竜が飛び交っていたことを示す、初めての証拠であることがわかった。

「翼竜のコレクションが、十分な記録とともに調査に耐えるコンディションで残っており、今後も科学に役立ってくれるというのは、本当にうれしいことです」と、英ポーツマス大学の翼竜専門家、マーク・ウィットン氏は語る。氏は今回の調査には携わっていない。

大きな翼竜が南極にいた証拠

 今回の化石は、アズダルコ科またはプテラノドン科に属する翼竜のものだ。いずれも白亜紀後期に繁栄していたグループである。当時の南極大陸は、現在よりもずっと温暖で針葉樹に覆われた、翼竜にとって理想的な土地だった。しかし、南極大陸に翼竜が生息していた証拠は、今までなかなか見つからなかった。

 翼竜の骨は非常に薄く、中には多くの空洞があるため、それが翼竜のものだということは見ればすぐにわかる。だが、あまりに繊細な構造であるため、化石になるまでの長い時間に耐えられないことが多い。

 博物館の火災をくぐり抜けた化石は、翼を広げた幅が5メートル近くにもなる翼竜のものと考えられている。この化石のおかげで、古生物学者たちはついに、大きな翼竜がかつて南極の空を飛んでいた証拠を見つけたことになる。(参考記事:「新種の翼竜を発見、カナダ、「巨大」には異論も」

「多くの重要な収蔵品が回収されていますが、今回の化石は、火災の後に調査された初めてのものです」と、ブラジル国立博物館の館長を務める古生物学者のアレクサンダー・ケルナー氏は話す。氏は先日、オーストラリアのブリスベーンで開かれた古脊椎動物学会で今回の発見を報告した。

「無事だった化石や標本についての話は、何であれうれしいですね」と、英ブリストル大学で翼竜を研究するリズ・マーティン=シルバーストーン氏は話す。「失われた悲しみを拭い去ってくれるわけでありませんが、とにかく火災を生き延びたものがあるということなのですから」

【参考動画】太古の空飛ぶ爬虫類 翼竜101(解説は英語です)

次ページ:氷から掘り出され、災に見舞われる

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

恐竜がいた地球

2億5000万年の旅にGO!

今からおよそ2億5000万年前から6500万年前、「進化の爆発」ともいえる時代の地球。恐竜はもちろん、海の生物や虫たちまで、この時代の生き物たちを迫力のビジュアルで紹介します。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加