星の模様があしらわれた、ベルトに取り付ける容器。3200年前のトレンゼ川渓谷の戦場跡でまとまって発見された31点の青銅器遺物の1つ。(PHOTOGRAH BY J. KRÜGER, UNIVERSITY OF GREIFSWALD)
[画像をタップでギャラリー表示]

 北ドイツ、トレンゼ川渓谷に沿った数キロもの範囲で、1997年以来、考古学者たちが発掘を続けている。見つかるのは、紀元前1200年ごろにこの川岸で戦って死んだ人々の遺骨や遺物だ。これまでに武器や1万2000点もの人骨が見つかり、人骨はほとんどが健康な若い男で、140人を超える人のものと確認された。戦いに参加した人数は数千に及び、おそらく1日で終わったと考えられている。青銅器時代では圧倒的なスケールの戦闘だった。

 より古い時代にヨーロッパで大規模な戦いがあったという記述は、ギリシャやエジプトなどに残されている。しかし、そうした戦場の遺跡は見つかっていない。トレンゼ川渓谷の遺跡が見つかる以前、青銅器時代の武器が見つかった場所は、すべて墓地か儀式的な埋納地だった。ヨーロッパ最古の戦場跡と考えられているトレンゼ遺跡の発見は「青銅器時代のヨーロッパは比較的平和だった」という20世紀の定説を過去のものにした。(参考記事:「すでに奴隷が? 先史欧州の世帯内に格差、新発見」

 だが、なぜトレンゼでこれほどの戦闘が起こったのかは、いまだ大きな謎に包まれている。欧州各地から来た集団同士が争ったのか。それとも、地方の一族の不和がただ大きくなっただけなのか。出土した骨や武器に残された手がかりを研究者たちは検討し続けている。そして10月15日付けの学術誌「Antiquity」に掲載された論文が、遺物の中でも変わった一群を発表し、誰が、なぜこの地で戦ったのかをめぐる数十年来の議論に、またひとつ意外な要素が加わった。

遺物の持ち主は遠くから来たのか?

 論文によれば、古代に土手道があったところから約300メートル下流の川床の堆積物から、31点の青銅器が見つかったという。研究者たちは、戦いはトレンゼ川の両岸で起こり、兵士たちは下流に移動しながら戦い、死んでいったとみている。

 今回の青銅器はまとまって残っていたため、有機物の入れ物(おそらく、革の袋か木製の道具箱)に入っていたが、それらは朽ち果てたと考えられた。遺物は青銅のキリ、ノミ、ナイフ, 青銅のくず、そして円筒形をした小さな青銅の丸い箱などだ。丸い箱はベルトに取り付けられる形になっていた。堆積物の中から人骨も見つかり、この一帯が青銅器時代の戦場の一部だという見解を裏付けている。

次ページ:その他の遺物の写真も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

伝説の謎

事実かそれとも空想か

伝説は史実なのか、それとも作り話か。歴史上の有名な伝説に改めてメスを入れ、本当にあった出来事か、当時の人々の想像の産物だったのかを明らかにする。

定価:本体1,400円+税