ありえないダイヤを発見、まるでマトリョーシカ

ダイヤの中にダイヤ、研究者も初めて遭遇、ロシア

2019.10.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これまでに例のない新発見のダイヤモンド。小さなダイヤが、大きなダイヤの中で自由にカタカタと動いている。これほど珍しい構造がどうしてできたのか、科学者たちも首をかしげている。(PHOTOGRAPH COURTESY OF ALROSA)

 極東ロシアのサハ共和国。掘り出されたばかりの宝石を選別中、採掘企業アルロサの専門家たちは、それまで見たことのないものに出くわした。ダイヤモンドの中に、小さなダイヤモンドが閉じ込められていたのだ。ロシアの入れ子人形にちなんで、マトリョーシカ・ダイヤモンドと呼ばれている。

 アルロサ社は10月4日、この発見について公表した。それによると、全体の重さはわずか0.124グラムで、外側のダイヤの幅は米粒の長さとほぼ同じ5ミリ弱だという。

 ダイヤモンドはしばしば、珍しい鉱物やその元になった流動体の痕跡を封じ込めるタイムカプセルのような役割を果たす。しかし、ちっぽけなダイヤが、さらに別のダイヤの中に自然に収まってカタカタ動いているという発見は、研究者たちをあっと言わせた。(参考記事:「隕石中のダイヤモンド、原始太陽系の残骸だった」

「こんなものは、それまでまったく見たことがありませんでした」。カナダ、アルバータ大学の鉱物学者トマス・スタヘル氏は、ダイヤの中で別のダイヤが音を立てている動画を見たときのリアクションをこう話した。「ダイヤモンドを研究して長くなりますが初めての遭遇です」

二重ダイヤモンドのX線画像。大きなダイヤ内部の空洞に、小さなダイヤが1つ収まっているのがわかる。ダイヤモンドが形成される地下深くの高圧下では、このようなすき間は存在できないため、かつては何かが空間を埋めていたはずだと研究者たちは考えている。(PHOTOGRAPH COURTESY OF ALROSA)

 2つのダイヤが不思議な構造をとるに至った経緯は、正確にはわかっていない。米国宝石学会(GIA)がこの小さな宝石を詳しく調べる計画を進めており、うまくいけば地下数千メートルの深さでひっそりと進んだメカニズムが見えてくる可能性がある。

「まさに類まれな自然の創造物です」とアルロサ社の研究開発地質事業でイノベーション担当副ディレクターを務めるオレグ・コワルチュク氏は話す。

次ページ:ダイヤモンドはどこから来るのか

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

魅惑の財宝伝説

失われた黄金と宝石の謎

きらめく宝石、燦然と輝く黄金――。太古の昔から人々を魅了してやまない財宝の数々。現代に語り継がれる財宝とそれを追い求める人々の物語を、美しい写真を交えて紹介します。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加