世界の漁業補助金の64%が「有害」、中国が最多

152カ国を調査、乱獲を促す補助金は禁止できるか

2019.10.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

枯渇する海の資源

 国連食糧農業機関(FAO)によると、魚資源の3分の1は生物学的に持続不可能な水準で漁獲されている。例えばクロマグロは乱獲のため激減した。ここ数十年間、近海で水産資源が枯渇した国々は、公海や他国の領海へ大型のトロール船を送り出すようになった。(参考記事:「クロマグロ 乱獲の果てに」

 アフリカや南極海、太平洋では、3000隻の中国漁船が操業している。昨年行われた調査では、2014年に公海で捕れた魚の半分近くが、中国と台湾籍の船によるものだったことが明らかになった。(参考記事:「公海での漁業は「無益」、新たな研究を解説する」

 昨年末、中国は2020年までに遠洋漁船の数を3000隻までに留め、燃料費の補助を減らすと約束した。2017年8月には、同国の農業農村部が「沖合漁業の従来の開発モデルは見直す必要がある」と声明を出した。(参考記事:「フカヒレ販売禁止に賛否、サメを守れるのか、米国」

 調査結果によると、補助金の増加は横ばいになっているようだが、EU(欧州連合)は6月に漁船を増やすための補助金を復活させる動きを見せた。EUによる補助金はすでに世界全体の11%になっており、2018年には有害な補助金を20億ドル(約2150億円)支給している。

「特に懸念されるのは、EUが他の国にとっての前例になってしまっている点です」と、スマイラ氏は言う。WTOが要請していた補助金データを70カ国が提出していないという事実も、この問題の難しさを浮き彫りにしている。

「まるで探偵の仕事をしているようでした」。スマイラ氏のチームは、補助金額を推定するためにいくつもの情報源からデータをかき集めなければならなかった。

 ジャレット氏は、世界の補助金のうち半分を、たった5カ国が占めていると指摘する。「もしこの5カ国が大きな決断をしてくれれば、有害な補助金を大幅に減らせるでしょう。そして、最終的には水産資源が回復し、健全な海の未来を取り戻せると期待しています」

ギャラリー:世界の漁業、乱獲から海の未来を守れるか 写真12点(写真クリックでギャラリーへ)
ギャラリー:世界の漁業、乱獲から海の未来を守れるか 写真12点(写真クリックでギャラリーへ)
カンボジアの巨大魚。トンレサップ川で捕らえられた巨大なコイ。(PHOTOGRAPH BY ANDY EAMES/AP)

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=Todd Woody/訳=ルーバー荒井ハンナ

おすすめ関連書籍

PLANET OF WATER

すべては水から始まっている。地球上に生きる私たち、動物、植物など、あらゆる生命を満たす水を追いかけた写真集。

定価:2,640円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加