ツルの狩猟を100年ぶり解禁、米国アラバマ州

かつて絶滅が危ぶまれた鳥、心配する声も

2019.10.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダヅルは20世紀に入る前に絶滅の危機を迎えたが、狩猟が禁止されて復活を遂げた。現在、北米の個体数は60万羽を超えている。(PHOTOGRAPH MICHAEL FORSBERG, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国南部のアラバマ州で、103年ぶりにカナダヅルの狩猟が解禁される。毎年冬になると、灰色の体を持つカナダヅル1万5000羽以上がアラバマ州北部に立ち寄り、湿地や湖、農場で羽を休める。10月2日、アラバマ州在住の約600人が、狩猟許可を求めて抽選会に参加した。当選するのは400人だ。

 20世紀に入るころ、カナダヅルは狩猟によって絶滅の危機に追い込まれた。しかし、1918年の「渡り鳥保護条約法」で狩猟が禁止されると、生息数は回復に転じ、現在は北米での個体数は60万羽を超えるほどになった。そうしてアラバマ州は、すでに狩猟が解禁された15州に続こうとしている(カナダヅルの狩猟シーズンが最初に再開されたのは1961年のニューメキシコ州)。

 アラバマ州野生生物淡水漁業局の渡り鳥狩猟コーディネーター、セス・マドック氏は、カナダヅルを以前より多く見かけるようになったため、ハンターたちから狩猟シーズンに関する問い合わせが来ていたと述べる。アラバマ州では2010年以降、カナダヅルの個体数が毎年約16%のペースで増加している。マドック氏は狩猟の上限を設定することで、個体数に影響が出ないようにすると強調する。(参考記事:「北米の鳥が激減、半世紀で約30億羽、3割が消えた」

カナダヅルの寿命は最長約20年で、生涯にわたって繁殖を続ける。(PHOTOGRAPH BY KONRAD WOTHE, MINDEN PICTURES/NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、すべての人が喜んでいるわけではない。毎年、「ツルフェスティバル」の会期中には、アラバマ州北部にバードウォッチャーが集結する。ツルたちの壮大な渡りを観察するためだ。1月中旬、ウィーラー国立野生生物保護区で開催されるこのフェスティバルは、カナダヅルを間近で眺め、自然の中を歩いたり、講演を聴いたり、アートイベントに参加したりする絶好の機会だ。

 一部の野鳥愛好家は、アラバマ州でカナダヅルの狩猟シーズンが復活することに不安を感じている。ハンターが絶滅の危機にあるアメリカシロヅルを誤って撃ってしまう恐れがあるためだ。アメリカシロヅルは時折、個体数が比較的多いカナダヅルに混じっている。(参考記事:「アメリカシロヅルの復活」

次ページ:狩りを楽しみにしていた人たちは

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。 ※当サイトから日経BP SHOPにお申し込みいただいた場合に限りバッジが付きます。なお、バッジは無くなり次第終了となります。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加