うっとりする絶景、一度は訪れたいバンフ国立公園

ロッキー山脈にあるカナダ初の国立公園、その多彩な魅力と旅の情報を紹介

2019.10.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映像作家のジョエル・シャット氏が撮影したカナダ、バンフ国立公園を紹介する絶景タイムラプス動画。

訪れたい理由、知っておきたいこと

 カナダで初の国立公園にバンフが指定されたのは、実に単純な成り行きからだった。1883年、カナディアン・ロッキー山脈の斜面で、3人の鉄道職員が温泉を発見し、その場所がそのまま国立公園になったのだ。他に類を見ない壮大な山々の眺めを誇るバンフは近年、世界でも有数の人気スポットとなっている。毎年、何百万人もの人々が、すばらしい眺めとさまざまなレジャーを目当てに、はるばるこの土地までやってくる。(参考記事:「北米の国立公園:心を潤す大自然との触れ合い」

 バンフで最初に見つかった温泉は「ケーブ・アンド・ベイスン」と呼ばれ、カナダの国定史跡になっている。もう浸かることはできないが、博物館では高解像度の映像作品や歴史を体感できるイベント、周囲の湿地帯ではレンジャーが案内する生物多様性体験、夜のランタンツアーなどが楽しめる。車で10分のところには現代的なスパ施設「バンフ・アッパー・ホット・スプリングス」があり、屋外プール、更衣室、カフェが揃っている。(参考記事:「冬の絶景 ──オンタリオ、アルバータ、ブリティッシュ・コロンビア」

 かつては各駅停車しか止まらない静かな村だったバンフは、いまではホテル、レストラン、ギャラリー、アウトドアショップが立ち並び、年間を通して賑わうリゾートタウンへと変貌を遂げた。チューダー建築を模した建物内にある「バンフ国立公園ビジターセンター」では、見どころ、アクティビティ、道路状況、園内の天気など、必要な情報がすべて揃う。

 メインストリートを2ブロック下ったところにある「バンフ公園博物館国定史跡」は、素朴な魅力を放つ建造物であると同時に、ビクトリア朝時代の動物学、植物学、地質学の標本の宝庫でもある。近隣の「カナディアン・ロッキー・ホワイト博物館」は、地域の芸術と建築に特化した施設で、絵画、彫刻、写真のほか、庭園には伝統的な家屋も展示されている。

ギャラリー:うっとりする絶景、一度は訪れたいバンフ国立公園 写真6点(写真クリックでギャラリーページへ)
バンフ国立公園の草むらでくつろぐアメリカアカシカのオス。(PHOTOGRAPH BY PATRICIO ROBLES GIL, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

次ページ:周辺の見どころと多彩なアクティビティ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Du CANADA

世界で一番愛される国、カナダの人と自然を、現地に暮らしたこともありカナダを第二の故郷と呼ぶ人気の風景写真家、吉村和敏が今、改めて撮る。〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体3,200円+税

おすすめ関連書籍

世界にひとつの風景

Beautiful Landscapes

月をめくるごとに四季折々の壮大な光景が現れる、壁掛けタイプの定番カレンダー2020年版です。プレゼントにもおすすめ!

定価:本体1,900円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加