陸の脊椎動物、2割の種が国際取引に、従来の1.5倍

市場規模は数千億円、国内取引は含まず、最新研究

2019.10.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフリカ南部に生息するケープハタオリ。絶滅の危機にあるとは考えられていない。だが、新たな研究の予測では、国際的に取引されるようになる可能性が高い数千種のうちの1種だという。(PHOTOGRAPH BY KEITH LADZINSKI, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 両生類から鳥類、哺乳類まで、陸生の脊椎動物のおよそ5種に1種が国際的に取引されているという論文が、10月4日付けの学術誌「サイエンス」に発表された。これまでの推定のおよそ1.5倍だという。世界的なマーケットの多様性を明らかにし、これから犠牲になる生物の予測を試みた研究で、考えさせられる内容だ。

 近年、珍しいペットや毛皮、宝飾品、伝統薬などに使うために、野生動物が深刻な脅威にさらされている。センザンコウやオナガサイチョウなどは典型的な例だ。とはいえ、今回の論文によると、生物の取引が種を急速に絶滅に追いやることもあるが、必ずしも持続不可能な水準にまで減らすとは限らないという。(参考記事:「需要高まり絶滅危機、センザンコウ密売の実態」「狙われるオナガサイチョウの「赤い象牙」」

 どの脊椎動物がさらなる注意と保護を必要としているかを、政策立案者が検討する際に、今回の研究成果を役立てて欲しいと研究チームは願っている。

「数十億ドル(数千億円)という規模の産業の影響の大きさを示したのです」と、論文の筆頭著者でナショナル ジオグラフィック協会の助成を受けている米フロリダ大学の保全生物学者ブレット・シェファーズ氏は話す。「3万1000種を超える陸生動物を調べ、そのほぼ20%が取引されていることが判明しました。以前に考えられたより40%から60%も多く、本当に驚きました」

 さらに、今回の研究ではコンピューターモデルを構築し、すでに人気の高い種との遺伝的な関連性や、珍しい色などの個性的な特徴といった、いくつかの要因に基づき、将来取引されるようになる種を予測した。考慮した要因には、体の大きさも含められた。これまで、大型動物は取引される可能性が高かったからだ。大きな歯や爪を持ち、肉や皮が大量に得られるため儲かるから、というのが典型的な理由だ。(参考記事:「世界の巨大淡水生物、40年間で約9割も減っていた」

次ページ:国内取引は含まず、扱う種も限られている

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加