コウモリは暗闇でどうやって獲物を見つけるのか?

反響定位(エコーロケーション)だけではない、驚くべき3つの戦略

2019.10.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トゥンガラガエルにありつくカエルクイコウモリ。パナマのバロ・コロラド島にて。(PHOTOGRAPH BY CHRISTIAN ZIEGLER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 コウモリの狩りには、夜行性の動物ならではの難題がある。真っ暗闇の中でどうやって獲物を見つけ、仕留めるかだ。(参考記事:「昼に活動するコウモリを発見、夜行性の謎を解く?」

「空飛ぶ哺乳類」であるコウモリは、優れた方法を発達させた。反響定位(エコーロケーション)といって、音波(超音波)を出し、それが獲物に当たって跳ね返るのを受信して位置を特定する。だが、コウモリが生まれながらに持つこの高度な能力は、彼らが餌を取る巧みな方法の、ほんの一部でしかない。(参考記事:「オキゴンドウの高度な反響定位能力」

 このほど、科学者たちは過去の文献をくまなく調べ、コウモリが暗闇で発揮する能力をリストにまとめた。その研究成果は9月下旬、学術誌「Functional Ecology」に掲載された。

「コウモリが獲物を探すのに使う能力や行動に注目した研究は、これまでにも数多くありました。しかし、彼らがさまざまな感覚を狩りの際にどう使うのかを網羅した研究はなされてきませんでした」と話すのは、パナマにあるスミソニアン熱帯研究所の研究員で、今回の研究を主導したレイチェル・ペイジ氏だ。(参考記事:「小さな“声”で獲物に近づくコウモリ」

「数十年にわたって研究されていても、コウモリの多くの種が潜在的に持つ感覚と認知の仕組みについては、まだほとんどわかっていません」。コウモリは少なくとも1300種いる、とペイジ氏は説明する。「コウモリは夜に飛ぶ動物なので、専用の道具がないと観察が難しい。さかんに研究され始めたのは、ごく最近なのです」

 今回報告されたなかには、動物の呼吸を感知するコウモリや、ハエの交尾の音を聞き取るコウモリがいる。全体的に見ると、コウモリの能力は想像以上に高く、その解明は進んでいないことを、ペイジ氏らの研究は示唆している。

特定のウシの呼吸を認識

 ペイジ氏らが詳しく検討したのは、コウモリが餌を探すのに獲物や他のコウモリからの情報にどのように頼っているかを調べた過去の研究だ。次に、こうした特定の狩猟テクニックを支える感覚を評価し、それぞれの方法について、難点と利点を調べた。

 例えば、森の下生えなど、反響定位がうまく機能しない場所では、コウモリはかすかな音を聞きとる。

 たとえば、ナミチスイコウモリは、眠っている哺乳類からひそかに吸った血液だけを食料としている。彼らは、宿主とするウシなどの呼吸音に反応して活動するニューロン(神経細胞)を持っている。中南米で見られるこれらのコウモリはさらに、特定の個体の呼吸パターンさえ認識することができる。つまり、同じ個体のもとに夜な夜なやってきて血を吸うことができるわけだ。(参考記事:「吸血コウモリはなぜ仲間に血を分け与えるのか」

【参考ギャラリー】かわいい?コワい?だから魅力的なコウモリ写真集 16点(写真クリックでギャラリーページへ)
テントでキャンプ
熱帯に生息するコウモリの中には、ホンジュラスのシロヘラコウモリのように、植物の葉でテントを作るものもいる。この小さなコウモリは葉脈をかじって葉を垂れ下がらせ、その中に隠れる。(PHOTOGRAPH BY KONRAD WOTHE, MINDEN PICTURES)

次ページ:交尾中の声を“傍受”

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学の謎

研究者が悩む99の素朴な疑問

研究によって限りなく真実に近いところまで解明されているものから、まったくわかっていないものまで、「物質と力」「宇宙」「人体」「地球」「生物の世界」「人類の営み」の6ジャンル、99個の研究テーマと解明のプロセスを紹介。

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加