翼竜の新種を発見、名前はフェロドラコ(鉄の竜)

意外な類縁関係も判明、太古の英国からオーストラリアへ拡散してきたか?

2019.10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
約9600万年前に生息していた翼開長4 mほどの翼竜フェロドラコ・レントーニの想像図。(ILLUSTRATION BY TRAVIS R. TISCHLER)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年のある秋の日、オーストラリア北東部の牧場で、泥の中から異様なものが突き出しているのが見つかった。まだら模様の数個の茶色い骨だった。

 この牧場では、以前にも竜脚類という、首の長い大型恐竜の化石が出土していた。それに比べると、今回見つかった化石はだいぶ小さかった。

「発見者のボブ・エリオット氏はすぐに、これが以前と違う、まったく新しいものだと気づきました」と、オーストラリア恐竜時代自然史博物館のアデル・ペントランド研究員は言う。

 ペントランド氏のチームはさらに研究を進め、エリオット氏が発見した化石が翼竜のものであることを立証、10月3日付けで科学誌『Scientific Reports』に論文を発表した。この化石は、オーストラリアで発見された翼竜の化石の中では最もよく揃っているものだった。

アイアン・ドラゴン

 とはいえ、翼竜の骨格のうち、今回見つかったのは上顎と下顎の一部、頸椎の一部の骨が5点、両方の翼の一部、多数の歯だけで、全身骨格にはほど遠い。

 しかし、オーストラリアで翼竜が発見されるのは非常にまれで、これらの化石の保存状態は例外的なほど良好だ。今回の翼竜はフェロドラコ・レントーニ(Ferrodraco lentoni)と名付けられた。フェロドラコという名は、鉄と竜を意味するラテン語の単語を組み合わせたものだ。

「翼竜の空間的・時間的な分布に関する私たちの知識の穴を埋める大発見です」と、英レスター大学の古生物学者デビッド・アンウィン氏は語る。(参考記事:「新種の翼竜を発見、カナダ、「巨大」には異論も」

3次元的に保存されていたフェロドラコの骨格の復元図。骨格は完全にはほど遠いが、オーストラリアでは翼竜の化石が発見されること自体が非常にまれである。(IMAGE BY ADELE H. PENTLAND AND STEPHEN POROPAT, BASED ON SKELETAL RECONSTRUCTION BY MARK WITTON)
[画像のクリックで拡大表示]

 論文によると、今回の翼竜が見つかった地層の年代は、以前の研究からおよそ9600万年前という。今回の翼竜や近縁の仲間を含むアンハングエリア(Anhangueria)類は、9400万年前までに絶滅したと考えられている。

 オーストラリアでは近年、オパール化した恐竜化石をはじめ、興味深い化石の発見が相次いでいる。詳しい年代はまだわかっていないものの、今回のフェロドラコもそうした発見に連なる成果だ。

「今後、オーストラリアから面白い化石がどんどん出土すると思います。すでに恐竜は出はじめています。翼竜もそれに続くでしょう」と、英ロンドン大学クイーン・メアリー校の古生物学者デイブ・ホーン氏は言う。(参考記事:「宝石化した新種の恐竜を発見、イグアノドン似」

次ページ:「鉄の竜」になった理由

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

NHKスペシャル 恐竜超世界

最新の研究で明らかになったすごい生態を、超高精細な4KCG(コンピューターグラフィック)を基にした豊富なビジュアルで完全再現します。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加