秋本番! 独自の冬支度をする動物たち 5選

恋の季節、渡りの季節、食欲の秋…冬を前に大忙しの動物たち

2019.10.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋の発情期、オスのヘラジカが茂みから現れた。米国アラスカ州のツンドラで。(PHOTOGRAPH BY JOHN EASTCOTT AND YVA MOMATIUK, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 いよいよ本格的な秋の到来。動物が冬への備えで忙しくなる季節だ。シカや鳥、クマにいたるまで、多くの種が食料集めや伴侶探しに没頭する。

 科学者たちはこうした動物たちの行動を研究し、日々、新たな知見を見出しつつある。動物たちが気候や環境の変化にうまく適応する方法は、これから訪れる気候変動などの困難に対処していく上でのヒントになるかもしれない。

 冬支度に駆け回る動物たちの姿を紹介しよう。

ヘラジカの求愛、成功者の88%は「戦いの勝者」

 北米やユーラシア大陸の北部に生息するシカ科最大の動物、ヘラジカにとって、秋は交尾の季節。普段は単独で生活しているが、9月から10月半ばにかけてはオス同士がメスを巡って争う。(参考記事:「【動画】真っ白なヘラジカ、増えている可能性も」

 ヘラジカの角は、春から夏にかけて伸びる間、柔らかくけばだった皮膚に覆われている。「袋角」と呼ばれる状態だ。だが、発情期にテストステロン(いわゆる男性ホルモン)の量が増えると、この皮膚がはがれ落ちて中から硬い角が現れ、戦闘準備が整う。(参考記事:「【動画】かわいいヘラジカの三つ子が家に来た!」

【動画】ヘラジカ、住宅地で迫力のガチンコ対決(この記事を読む

 米国アラスカ州のデナリ国立公園で40年近くにわたって行われた研究によると、交尾に成功したオスの88%が、角を突き合わせる戦いの勝者(たいてい、最も体が大きく地位の高い)だったという。メスは春、通常5月下旬頃から出産し始める。

旅の半ばでひと休みする渡り鳥

 渡り鳥たちは冬を越すために南へ移動するが、秋には、その途中でひと休みする鳥がいる。(参考記事:「鳥はなぜ消えるのか、研究進む「渡り」」

 例えば夏の繁殖地を発ったハジロカイツブリは、米国カリフォルニア州のモノ湖やユタ州のグレート・ソルト湖にやってきて、餌を取ったり、換羽を済ませたりする。このほか「ひと休み」する鳥には、アメリカズグロカモメ、アメリカオシ、浜辺で見つかるコオバシギなどがいる。(参考記事:「水の上の走り方、水鳥カイツブリの秘技が明らかに」

繁殖羽を見せ、湖を泳ぐハジロカイツブリ。米国ニューメキシコ州で。(PHOTOGRAPH BY TIM FITZHARRIS, MINDEN PICTURES/NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年、北極圏から南半球まで旅をしては戻ってくるコオバシギは、一気に約2400キロも飛び、浜辺でひととき休息し、餌を食べ、換羽を済ませる。そして毎年、正確に同じ場所へ帰ってくる。

次ページ:「冬眠」する唯一の鳥

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

世界で最も権威のある写真賞の一つ「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の受賞作品のなかから、記憶に残る魅力的な作品を厳選。

定価:本体2,300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加