アマゾンの先住民保護活動家が殺害、危機的状況

保護区に違法な侵入者が続々、高まる脅威、広がる不安と動揺、ブラジル

2019.10.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロンドニア州のルーズベルト先住民区域で、違法な採鉱作業に使われたブルドーザーを解体する、ブラジルの環境保護機関「IBAMA」から派遣された特別査察グループ。ジャイール・ボルソナロ大統領は、ブラジルアマゾン全域の先住民地区における鉱物の採掘を合法化すると公約しており、広範囲に及ぶ環境破壊と地元コミュニティの分断が懸念されている。(PHOTOGRAPH BY FELIPE FITTIPALDI, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 ブラジル西端部に暮らす孤立部族の保護に取り組む先住民保護活動家が殺害され、アマゾンの先住民や、その保護に携わる人々の間に不安が広がっている。

 マクシエル・ペレイラ・ドス・サントス氏は9月6日、ジャヴァリ谷先住民区域近くの街タバティンガの大通りで、バイクの後ろの席に乗った何者かに射殺された。ジャヴァリ谷は、孤立部族が世界で最も多く暮らしている地域だ。(参考記事:「動画公開はアマゾンの未接触部族を救えるか」

 サントス氏は12年間にわたり、ブラジルの国立先住民保護財団「FUNAI」の職員として働いてきた。推定5000人ほどの先住民が暮らす、広さ約8万5000平方キロメートルの保護区に流れ込む2本の川沿いに設置された前哨拠点が、彼の職場だった。現在にわかに増加しつつある、野生動物や木材を狙う侵入者たちから、ジャヴァリ谷の豊かな生物多様性を守っているのは、この拠点に配置されたわずかな人数の職員だけだ。

ブラジルの国立先住民保護財団「FUNAI」が派遣した調査チーム。ジャヴァリ谷先住民区域を流れるイトゥイ川の上流を目指す。(PHOTOGRAPH BY GARY CALTON)

 今年に入ってから、拠点は武器を持った暴漢による襲撃を5回受けた。4度目は7月中旬で、その数日後には、FUNAIの職員と護衛の兵士たちが、絶滅危惧種のカメ300匹とその卵4万個を保護区から盗み出そうとする密猟者たちを現行犯で捕えている。

 ブラジルアマゾンの全域で、野生動物の密猟者、違法な金の採掘者、土地を狙う開拓者、麻薬の密売人など、ありとあらゆる種類の犯罪者が、先住民族の土地に違法に入り込んでいる。ブラジル国立宇宙研究所によると、8月末の時点で、150カ所近い先住民区域内で3500件にのぼる火災が発生していたという。そのうち少なくとも13カ所に孤立部族がいた。

「これらすべての要因によって、孤立部族は危険にさらされ、悪人の手から常に逃げ回る生活を強いられています」。ロンドニア州ポルト・ヴェーリョの大司教で、カトリック教会による人権保護団体「先住民宣教師協議会」の代表を務めるホッキ・パロスキ氏はそう語る。同団体が先日発表したところによると、保護区で発生した侵入事例は、2018年の1年間では76カ所111件だったが、今年は年初からの8カ月だけで、153カ所160件まで増加しているという。(参考記事:「アマゾン森林火災、実態は「伐採規制前への逆行」」

次ページ:「自分の身にも同じことが起こるのではないか」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年10月号

アマゾンの孤立部族/魅惑のクラゲ/伝統を捨てる遊牧民/ハヤブサを守る/強制収容された日系人

特集「アマゾンの孤立部族」は消滅の危機に立たされた部族についてのレポートです。このほか「魅惑のクラゲ」、米国の消せない過ちを描いた「強制収容された日系人」など、今月も充実の特集をお楽しみください!

定価:本体1,028円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加