アライグマに潜む狂犬病、米国の壮大な根絶計画

ワクチン入りの餌930万個を散布、年間30億円かけて2053年までに根絶へ

2019.10.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アライグマは、人間が暮らす環境にもすぐに適応する、認知能力の高い動物だ。だがそのせいで、ペットや人間が狂犬病ウイルスと接触する機会を増やしてしまう。(PHOTOGRAPH BY CARLTON WARD JR., NATIONAL GEOGRAPHIC IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国ペンシルベニア州の都市ピッツバーグ。8月中旬の爽やかな朝、ティモシー・リンダー氏が冷凍車の扉を大きく開くと、冷気とともに強烈な魚のわた(内臓)のにおいが流れ出た。

「私はもはや臭いと感じなくなっています」と、米農務省野生動物局の生物学者であるリンダー氏は言う。

 リンダー氏は荷台に乗り込むと、段ボール箱からチョコバーのような茶色いブロックを取り出した。アライグマ向けの餌だ。(参考記事:「【動画】史上最高にかわいい? 3匹のアライグマ」

「魚粉入りのポリマーブロックです」とリンダー氏はにおいの理由を説明する。「中にケチャップの小袋のようなものが入っていて、アライグマがそれを噛むと、液状の狂犬病ワクチンが口の中に入るという仕組みです」

20年以上続く米国政府の取り組み

 ほとんどの人には知られていないが、米国政府は1997年以来、野生のアライグマ向けに経口の狂犬病ワクチンを散布している。全米狂犬病管理プログラムと呼ばれるこの取り組みは、米国内で人獣共通感染症をコントロールしようとする試みとしては史上最大の規模だ。(参考記事:「ペットの溺愛がもたらす人獣共通感染症にご用心」

 プログラムには毎年2800万ドル(約30億円)の予算が充てられているが、公衆衛生調査、動物の狂犬病検査、暴露後ワクチン(狂犬病が疑われる動物に咬まれた場合に発症を予防するワクチン)接種等の必要性を減らせることを考えると、6000万ドル分の税金を節約できているという計算だ。狂犬病ウイルスを持っている野生動物が少なければ少ないほど、人間、ペット、そして家畜が感染する可能性は低くなるはずである。狂犬病ウイルスに感染してから治療しなければ、致死率は100%だ。(参考記事:「アフリカの絶滅危惧オオカミ、ワクチンで救える」

 狂犬病は、リッサウイルス属と呼ばれる、弾丸のような形状のウイルスによって引き起こされる。アライグマ、スカンク、コウモリといった宿主動物ごとに感染しやすい種類(変異体)はそれぞれ異なるが、どの変異体も、すべての哺乳動物に感染する可能性がある。(参考記事:「コウモリの狂犬病、顔の温度で検出」

 もちろん人間は哺乳動物だ。そして世界の多くの地域では、イヌの狂犬病はいまだに人間にとって大きな脅威であり、毎年5万9000人近くの死者が出る。しかし、米国ではペットへのワクチン接種が普及したおかげで、イヌの狂犬病が根絶されている。だが米国疾病予防管理センターによると、それでも米国では10分に1人の頻度で、他の種類の狂犬病に感染した可能性のある人が治療を受けている。

 狂犬病ウイルスは今も、米国の野生動物の中に潜んでいるのである。

参考ギャラリー:2017年 ナショジオが掲載した驚異の動物写真 38点(画像クリックでギャラリーへ)
好奇心いっぱいの幼いウェッデルアザラシが近づいてきた。 2017年7月号「氷の下の優美な別世界」より。(PHOTOGRAPH BY LAURENT BALLESTA, NATIONAL GEOGRAPHIC)

次ページ:2053年までにアライグマの狂犬病の根絶を

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学の謎

研究者が悩む99の素朴な疑問

研究によって限りなく真実に近いところまで解明されているものから、まったくわかっていないものまで、「物質と力」「宇宙」「人体」「地球」「生物の世界」「人類の営み」の6ジャンル、99個の研究テーマと解明のプロセスを紹介。

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加