6%の「スゴ母」が群れ支える、ゾウアザラシで判明

群れの子どもの多くを出産していたのは、意外にも一握りの母親たちだった

2019.09.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寄り添い合うキタゾウアザラシの母子。(PHOTOGRAPH BY MARC MORITSCH, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

 毎年12月、米国西海岸のアニョヌエボ州立公園の海辺には、繁殖のために3000頭以上のキタゾウアザラシが集まってくる。(参考記事:「動物大図鑑 ゾウアザラシ」

 それは母アザラシにとっては闘いの時間だ。体重700キロほどのメスは、およそ1カ月にわたり出産と授乳にエネルギーを注ぐ。海に戻って食事を取り、体を回復させるのはその後だ。

 この過酷な生活のため、多くのメスは一生に数頭の子どもしか産むことができない。しかし、キタゾウアザラシの母親7700頭以上を分析した半世紀にわたる研究によって、わかったことがある。それは、一部の長寿の「スゴ母」たちが、群れの中のかなりの子どもを産んでいたということだ。なかには、23年で17頭の子どもを育てた母親もいた。研究成果が、学術誌「Canadian Journal of Zoology」に9月17日付で発表された。

 スゴ母たちが出産を始める年齢は、平均的に出産を開始する4歳よりも少し高い。そのぶん体も大きく健康なため、子どもたちも丈夫に育つ確率が高くなる。

「驚きでした。しかし、群れの将来を決めるのは、この母親たちなのです」と、論文の著者で米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の生態学者であるバーニー・ルブーフ氏は語る。

 1900年代初頭の時点で、キタゾウアザラシは乱獲によって絶滅寸前まで追いこまれた。群れの構成を知ることができれば、個体数回復のカギも明らかになるかもしれない。(参考記事:「ギャラリー:絶滅の危機から復活しつつある動物 11選」

若くして死を迎えるスピード人生

 調査の中でルブーフ氏らは、アニョヌエボで見つかるメスのほとんどが生後数年と若いことに気付いた。つまり、こうした若いメスたちが、群れの子どもたちを産んでいるのだろうと、科学者らは考えていた。しかし、データはまったく違う結果を示していた。(参考記事:「【動画】声で恋敵を特定、争い回避、ゾウアザラシ」

 繁殖年齢に達する子どもの数を考慮に入れて計算したところ、10頭以上の子どもを産むメスはわずか6%に過ぎないことがわかった。しかし、その6%のメスが、群れの子どもの約55%を産んでいた。さらに、メス全体の1%に満たない母親たちは、死ぬまでに最大20頭の子どもを産んでいた。(参考記事::「母の日特別企画:動物の母と子の絆、厳選写真20点」

ギャラリー:アザラシとアシカの見逃せない写真 11点(写真クリックでギャラリーページへ)
北極の氷の上で休むタテゴトアザラシの赤ちゃん。母親は、においだけで数百頭のアザラシから自分の子どもを識別できる。(PHOTOGRAPH BY NORBERT ROSING)

次ページ:75%の子アザラシが若くして死ぬ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

動物の心

知性 感情 言葉 社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

価格:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加