実は世界一周を成し遂げていなかったマゼラン

出発から500年、矛盾の多かった人物と航海、そして複雑な評価

2019.09.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1519年9月、マゼランは5隻の船団を率いてスペインから出航した。3年後、ビクトリア号(1590年の地図に描かれている)ただ1隻が、世界を一周してスペインに帰ってきた。(GRANGER)

 今から500年前の9月20日、フェルディナンド・マゼランが地球を一周する歴史的な旅に乗り出した。単純な探検の物語と思うかもしれない。だが、そんなことはなかった。探検家マゼランとその航海には矛盾が多い。マゼランはポルトガル人なのに、スペインを代表して航海に出た。非常に優れた船長だったが、乗組員からは嫌われていた。その遠征隊は初めて船で世界を一周したものの、マゼラン自身は一周を成し遂げていない。そもそも彼の名前はマゼランではなかった。

 それでもなお、1519年に始まったフェルディナンド・マゼランの遠征を境に、世界がすっかり変わったのは間違いない。その旅は「史上最も偉大にして、最も重要な航海でした」と語るのは、歴史家で『Over the Edge of the World: Magellan’s Terrifying Circumnavigation of the Globe(世界の果ての先へ:マゼランの恐ろしい世界一周、未邦訳)』の著書があるローレンス・バーグリーン氏だ。「誇張ではありません」

 好戦的で容赦なく、恐れ知らずのマゼランによって、商業航海は、世界規模で繰り広げられるおぞましい対決の場へと様変わりした。当時、そんなことを想像できたヨーロッパ人はほとんどいなかった。一行が旅立ったころ、地球一周の航海など不可能ではないかと思われ、そんなことを試みる無謀な者には、海の怪物から命取りの霧まで、あらゆる危険が立ちはだかるだろうと恐れられた。「自殺行為だと思われたのです」とバーグリーン氏は語る。(参考記事:「16世紀の世界地図、総数60枚がデジタル地球儀に」

ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼラン。先駆者のコロンブス同様、ヨーロッパから西へ航海することで、アジアとモルッカ諸島(香料諸島)に到達すると提案した。(DE AGOSTINI PICTURE LIBRARY/M. SEEMULLER/BRIDGEMAN IMAGES)

ポルトガルへの忠誠を捨てスペインへ

 マゼランことフェルナン・デ・マガリャンイスは1480年ごろ、ポルトガルの貴族として生まれた。王妃レオノールと、国王マヌエル1世の小姓として、リスボンで宮廷生活を経験する。しかし、青年は冒険心を抱き、数度にわたるポルトガルの航海に参加した。有利な香辛料貿易のルートを新たに発見し、確保することが目的の事業だった。

 当時、ヨーロッパの貴族は香辛料を欲しがっていた。それを入手できる新しい領土を誰が見つけ、権利を主張できるかをめぐり、ポルトガルとスペインは激しい競争関係にあった。1505年、マゼランはこの戦いに加わり、インド、マレーシア、インドネシアと旅をした。だが、ポルトガルのために働く日々は長く続かなかった。マゼランは違法取引で訴えられ、新しい香辛料貿易のルートを見つけるという提案もマヌエル1世に却下されて、国王と不和になった。(参考記事:「コロンブスを航海に向かわせた、トウガラシをめぐる冒険」

 マゼランは、東ではなく西へ船を進め、南米にあると噂される海峡を通り抜ければ、インドネシアとインドへの新航路を開拓できると信じていた。そこでポルトガルへの忠誠を捨ててスペインに赴き、市民権を取得。5隻の船で西を目指す旅に対し、国王カルロス1世の祝福も得た。

次ページ:スペイン人部下の反乱にあう

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界をおどらせた地図

欲望と蛮勇が生んだ冒険の物語

世界を翻弄したのは、英雄か、悪党か。未知の世界に打って出た命知らずたちの、栄光と敗北を、美しい古地図とともに読み解く。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加