水玉模様を持つシマウマの子どもティラ。シマウマのトレードマークであるしま模様がないため、吸血性のハエが集まりやすい可能性がある。(PHOTOGRAPH BY FRANK LIU)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ケニアのマサイマラ国立保護区で、水玉模様をしたシマウマの子どもが発見された。

 撮影したのは写真家のフランク・リュウ氏。サイを探していて、このシマウマに遭遇したという。「一見すると、まるで別の動物のようでした」。生後1週間前後と思われるこのサバンナシマウマは、最初に発見したマサイ族のガイド、アントニー・ティラ氏によってティラと名付けられた。

 人の指紋と同様、シマウマのしま模様には個体差があるが、ティラのような配色がマサイマラで記録されたのは初めてかもしれないと、リュウ氏は述べている。ボツワナのオカバンゴ・デルタでは、よく似た配色の子どもが何度か確認されている。

 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の生物学者で、シマウマのしま模様の進化を研究しているレン・ラリソン氏によれば、ティラやオカバンゴの個体は「偽メラニズム(pseudomelanism)」という遺伝子変異を持つという。しま模様に何らかの異常が生じる珍しい突然変異だ。

 シマウマには局所的なアルビニズムなど、ほかの風変わりな配色も存在する。タンザニアのセレンゲティ国立公園では2019年2月、希少な「金髪」のシマウマが写真に収められた。(参考記事:「超レア! 「金髪」のシマウマが撮影される」

 科学界にとって、こうした異常を記録することは意味がある。種の変化や、集団がどう反応するかを追跡できるからだ。

しま模様の仕組み

 赤、黄、茶、黒の色素であるメラニンはメラノサイトという細胞で生成される。哺乳類の毛色や肌色はメラニンによって決まる。

 米ハドソンアルファ・バイオテクノロジー研究所の遺伝学者グレッグ・バーシュ氏は電子メールで取材に応じ、「メラニン合成を阻害する突然変異はいくつもあり、そうした疾患では例外なく、メラノサイトの分布は正常で、メラノサイトがつくり出すメラニンに異常があると考えられています」と説明した。(参考記事:「超レアな黒いフラミンゴ、キプロス島で見つかる」

次ページ:おとなまで生きられない? 水玉模様の子どもの動画も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

世界で最も権威のある写真賞の一つ「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の受賞作品のなかから、記憶に残る魅力的な作品を厳選。

定価:本体2,300円+税