殺虫剤で渡り鳥が「遅延」、激減と関連か、北米

北米に生息する渡り鳥のミヤマシトド。米国で殺虫剤として最も多く使用されているネオニコチノイドで処理された種子を食べた後、急激に体重が減少し、渡りが遅れたことが新たな研究でわかった。(Photograph by Margaret Eng)

【元の記事へ戻る】