アッティラ王が率いたフン族 残忍ではなかった?

ローマ帝国の衰退を引き起こしたという通説ほど、欧州を蹂躙していない可能性

2019.09.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬に乗り戦うフン族の王アッティラとその軍隊。フランス人画家ウジェーヌ・ドラクロワの作品。(PHOTOGRAPH BY THE PICTURE ART COLLECTION, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 西暦370年頃、フン族の大軍はヨーロッパへと進んだ。その過程で、ゲルマン諸族は支配下に置かれ、拡大するフン族の領土から逃げるように他の土地へと移っていった。ところで、フン族は一般に残忍とされているが、本当にそうだったのだろうか? (参考記事:「1700年前の楽器「口琴」を発見、今でも演奏可能」

 ただ、この問いに答えるのは難しい。歴史家のピーター・ヘザー氏は「フン族は今も多くの謎に包まれている」と記している。何しろ、彼らの歴史について記録された文書はほとんどなく、その起源もはっきりしないのだ。フン族は遊牧民族で、現在のカザフスタンあたりで勃興し、350年頃にはステップ地帯東部を制圧したと考えられている。なかにはフン族を、紀元前3世紀末から紀元前2世紀初頭にかけてアジアの大半を統一した遊牧民族、匈奴(きょうど)に連なるチュルク語族だとする学説もある。

フン族の冷酷無比な略奪と暴力により、その王アッティラは「神の鞭」との異名で呼ばれた。(PHOTOGRAPH BY ICAS94, DE AGOSTINI/ GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 フン族は黒海に沿って移動し、その通り道に暮らしていた他民族を次々と蹂躙した。フン族が移動する地域に元々暮らしていたヴァンダル人、西ゴート族、ゴート族などは、よりローマに近い地域へと逃れた。フン族の移動がローマ帝国の安定を脅かしたことで、フン族に「残酷無比」との風評が定着していった。

 フン族の中でも特に悪名高い王がアッティラで、フン族のイメージを不動のものとした人物だ。440年から453年にかけて、アッティラはフン族の大軍を引き連れて、ガリア地方(現在のフランス)を含むヨーロッパ全土に侵攻。その途上、好き放題に略奪を行ったアッティラは、「神の鞭」との異名で呼ばれるようになる。新しい領地に攻め入るたびに、フン族は筆舌に尽くしがたい暴虐を行ったという。

次ページ:遺骨が語る、まったく異なる物語

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年8月号

移民とともに地球を歩く/国籍のない赤ちゃん/スペインのアフリカ移民/人生が交差する国境の街角/ヨーロッパ人はどこから?/しぶとく生きるクズリ/ダライ・ラマ 希望の祈り

大特集「移動する人類」。国籍のないロヒンギャ難民や、スペインへ渡ったアフリカ移民の苦闘のほか、人類移動の歴史にも焦点を当てます。このほか、ダライ・ラマや動物クズリの特集もぜひご覧ください。

定価:本体1,028円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加