新種の翼竜を発見、カナダ、「巨大」には異論も

「北風の凍れる竜」を意味する名前をもつ新種の翼竜クリオドラコン・ボレアス(Cryodrakon boreas)が発表された。論文によると、この空飛ぶ爬虫類は翼を広げた長さが少なくとも5メートル近くあり、大きいものでは約10メートルに達した可能性もあるという。(ILLUSTRATION BY DAVID MAAS)

【元の記事へ戻る】