先住民も長年アマゾンを焼いてきた、今との違いは

古生態学があぶりだすアマゾン森林火災の深層

2019.09.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラジル、アマゾンのキャッサバ畑を焼く火災。研究によると、古代の農法が、現代の熱帯雨林火災に影響を及ぼしているという。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾンはいまも燃え続け、煙が立ちのぼり、炭の微粒子が地面に降り積もっている。最新の集計では、ブラジルのアマゾン火災は9万3000件を超え、昨年の同時期より60%以上も増加した。これは、2010年以降で最多の件数だ。NASAによると、今年の火災は過去数年と比べても激しいという。

 しかし、ブラジル国立宇宙研究所(INPE)の火災の記録は、1998年からしかない。木は数百年を生き、人が森に火をつけてきた歴史は何千年にも及ぶ。そうした森にとって、20年は長くはない。(参考記事:「アマゾン森林火災、実態は「伐採規制前への逆行」」

 その一方で、古代の環境を研究する古生態学というものがある。アマゾンの先住民がどのように火を使ってきたかや、その火が長年にわたり森の生態系にどのような影響を及ぼしたのか、そして、現在の火災を防ぐかもしれない教訓について、他では得られない洞察を私たちに与えてくれる研究分野だ。

 たとえば、熱帯雨林の地下に埋まる炭の層を調べた研究により、アマゾンの古代の住民たちが何千年もの間、農業のために火を使って林床を焼き払っていたことが判明している。さらに、その影響がずっと残り、こうした地域は今日燃えやすい森になっていることもわかっている。しかしながら、森を完全に焼いてしまう現在とは異なり、先住民は生きた木が残るように火を使っていた。(参考記事:「かつてのアマゾンに大量の集落、従来説覆す」

ギャラリー:アマゾン森林火災、放火の現場から無残な焼け跡まで 写真10点(写真クリックでギャラリーページへ)
現代の森林火災の焼け跡。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES)

自然火災の痕跡はまったくない

 アマゾンの湖底や土壌からサンプルを採取し、木が燃えた後に堆積する炭の小さな欠片を調べた古生態学の研究がある。フィールドワークは大変だ。研究チームはボートと重い機器を背負い、森を抜けて人里離れた湖まで移動しなければならない。そうやって湖底の堆積層のコア試料(柱状採取した試料)を掘削し、放射性炭素を分析して木が燃えた年代を測定した。(参考記事:「冷戦中の核実験が、象牙密猟の証拠を提示」

 この数千年の記録からまずわかるのは、アマゾンには実質的に自然火災がないことだと、米フロリダ工科大学の古生態学教授のマーク・ブッシュ氏は言う。

次ページ:広大な地域を厳しく管理していた先住民

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年10月号

アマゾンの孤立部族/魅惑のクラゲ/伝統を捨てる遊牧民/ハヤブサを守る/強制収容された日系人

特集「アマゾンの孤立部族」は消滅の危機に立たされた部族についてのレポートです。このほか「魅惑のクラゲ」、米国の消せない過ちを描いた「強制収容された日系人」など、今月も充実の特集をお楽しみください!

定価:本体1,028円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加