ハリケーンや台風 温暖化でますます強力に? 

バハマに甚大な被害を与えた「ドリアン」の「燃料」は暖かい海水だった

2019.09.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国際宇宙ステーション(ISS)から見たハリケーン「ドリアン」の目。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像のクリックで拡大表示]

 カリブ海の島国バハマを史上最強級のハリケーン「ドリアン」が襲った。ハリケーンの勢力を支えたのは、旅行者をバハマへ引き付ける温暖な海だった。(参考記事:「ハリケーン撃退法、珍案は核爆弾だけではなかった」

 ドリアンは丸1日以上バハマ付近に停滞。最大で時速300キロ(秒速83メートル)近い猛烈な風と豪雨が続き、住宅は高潮による浸水被害を受けた。

 2019年8月30日の時点では5段階中3番目の「カテゴリー3」だったドリアンの勢力は、9月1日までに「カテゴリー5」に急成長した。しかも2日夕方、ドリアンがバハマを通過するとき、ハリケーンを米フロリダ州の方向へ押し流す風がなくなってしまった。

 NASAによれば、フロリダ州南部からバハマにかけての「嵐の燃料となる海」が、ドリアンの勢力を急速に強めたのだという。

 「本当に不運でした」と米コロラド州立大学の気象学者フィリップ・クロツバック氏は語る。「進路を決める上空の風の状態が通常とは異なっていたところに、大型ハリケーンが重なってしまったのです」

気候変動との関連は

 記録的なほど壊滅的なハリケーンが発生すると、しばしば、気候変動との関連を巡る議論に発展する。

 だが、ハリケーンの1つ1つを地球規模の気候変動と関連づけるのは困難で、ドリアンの場合も例外ではない。クロツバック氏や米マイアミ大学の気象学者ブライアン・マクノルディー氏もそう考えている。

 むしろ科学者たちは海水温や風の状況のパターンに注目し、ハリケーンの長期的な変化を評価しようとしている。

 全米気候評価(NCA)の第4次報告書では、温暖化に伴い、ハリケーンがより勢いを増し破壊的になると予測している。一方で、温暖化によってハリケーンを押し流す風の速度が下がり、ハリケーンは進み方がより遅く、降水量がより多くなることを示唆する研究結果も増えている。(参考記事:「より遅く危険になる台風、上陸後の速度は30%減」

 その理由を知りたければ、まずは海水温とハリケーンの関係を理解しなければならない。

【動画】ハリケーンのメカニズム

次ページ:アフリカ西岸沖で発生して北米へ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

変化していく地形、水浸しの生活を強いられる人々、生息域を追われる動物たち、そして経済的ダメージまで、人類史上最大の危機を徹底レポート。気候変動によって変わりつつある世界の今に迫る1冊。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加