【動画】新発見、群れるために光る魚、まるで映画

海洋生物では初の行動、ヒカリキンメダイの大群を撮影して判明

2019.09.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】青く光って泳ぐヒカリキンメダイの群れ
群れで光っているシーンは30秒前後~。発光しているのは実はバクテリアで、ヒカリキンメダイの目の下にはこのバクテリアが共生する器官がある。(解説は英語です)

 2013年のある夕暮れ時、南太平洋に浮かぶソロモン諸島のムボロクア島の周辺で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラー(協会が支援する研究者)であるデビッド・グルーバー氏がサンゴを研究するためにダイビングをしていた。すると、同じくエクスプローラーであるブレナン・フィリップス氏が興奮した様子で近づき、ライトを消してついてこい、と合図した。

 危険なイリエワニが生息することで知られる真っ暗な海を泳ぎ、グルーバー氏はフィリップス氏についていった。洞窟のような入り江に着くと、唖然とした。

「まるで映画『アバター』のワンシーンのようでした」と米ニューヨーク市立大学バルーク校および米国自然史博物館の生物学者のグルーバー氏は話す。

 何百匹もの小さなヒカリキンメダイ(Anomalops katoptron)が、青く光りながら現れたのだ。サンゴ礁の上を漂う「光の絨毯のようでした」と米ロードアイランド大学の海洋工学の助教であるフィリップス氏は振り返る。その光は十分に明るく、下に広がるサンゴの形がわかるほどだったという。波打つ川のような魚の群れは、やがてドロップオフ(海中の断崖)を流れ落ちるように深みへと消えていった。

「私はこれまで水中で多くの時間を過ごしてきました。ありとあらゆるものを見てきましたが、今回目にしたのはこれまで見た中で最高にクールな光景でした」とフィリップス氏は話す。

 その後、科学文献を調べたところ、これまでに世界中で目撃されたヒカリキンメダイの群れの中で最大のものだと判明した。しかしながら、その時持っていたカメラは感度が低く、ヒカリキンメダイの発する弱い光を記録できなかった。

 そこで2016年、改めて調査を行なった。今度は、より高性能なカメラ機材とナショナル ジオグラフィックの技術者数人の専門知識に加え、魚の専門家やその他の協力者のおかげで、この現象をより詳しく観察することに成功した。するとそれは、考えていたよりもはるかに驚くべきもので、これまで知られていなかった行動であることがわかった。

 ヒカリキンメダイは、真っ暗な海で群れを作るために発光していたのだ。これは海洋生物では初の発見だ。従来、魚は主に視覚に頼って群れを作るため、群れの形成には光が必要であり、だから夜間や深海で魚の群れがめったに見られないのだと考えられてきた、とグルーバー氏は言う。したがって、今回の発見により、神秘に包まれた深海での魚の行動について、理解が深まる可能性がある。

 ヒカリキンメダイが生物発光により夜間でも群れを作れるという発見は、2019年8月14日付けで学術誌「PLOS ONE」に発表された。

次ページ:意のままに光を点滅

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

20年以上、世界各地の海の写真を発表してきた水中写真家、鍵井靖章が今回選んだテーマは、見たことのない「未知の海」。232ページ、写真193点の大ボリュームで魅せる水中の絶景を、五つの切り口で存分に味わえます。

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加