米西海岸からアワビが消える? ケルプの森に異変

乱獲、漁場閉鎖のドミノ倒し 気候変動による海洋熱波でエサに打撃も

2019.09.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】カリフォルニアからアワビが消える(解説は英語です)

 アカネアワビと言われても、食べたことはもとより、聞いたこともないという人が多いかもしれない。このアワビは米カリフォルニア州北部に多く生息する巻貝の仲間で、岩にくっついてケルプ(海藻)を食べている。食材としても人気で、ホタテにも似た甘みのある繊細な味わいと言われる。(参考記事:「海藻は「温暖化対策のカリスマ」、最新研究」

「食べたら、その美味に驚きますよ。魚は好きでないという人が口にしたとき、目を輝かせて『すごくおいしい』というのですから」。サンフランシスコの少し北に住むダイビング愛好家、ジョー・クレサリア氏はそう話す。「口に運ぶのもおそるおそるだったのに」

 しかし、海洋熱波、海水の酸性化、生息地の喪失、乱獲などが原因で、アカネアワビの漁場は減少している。このままでは、アカネアワビは食料源であるケルプの森を永久に失ってしまうかもしれない。(参考記事:「海のシステムを支える生き物たち」

「私たちの生活には、大きなアワビくらいの穴がぽっかり空いてしまいました。残念なことです」とクレサリア氏は漏らす。

乱獲の果てに

 もともとアカネアワビは米国の先住民が収穫していたが、人気に火がついたのは、20世紀初頭に初めての漁場ができてからだ。1950年代から1960年代にかけて人気が頂点に達し、本職の漁師だけでなく、世界中からカリフォルニアの海岸にやってくるダイバーたちも、豊かなケルプ(海藻)の森にもぐってアワビを獲っていった。

 しかし、1997年には漁業が成り立つだけのアワビがいなくなり、漁場も閉鎖された。アワビを獲ることが許されるのは、クレサイア氏のような趣味のダイバーだけになった。

 理論的には、漁場の閉鎖によってアワビの数は回復するはずだった。実際、そうなっていた可能性もある。ならなかったのは、カリフォルニアの海が静かに変化していたからだ。

「アワビは、ケルプの森の健全性を示す非常によい指標です。食べものの量の変化に非常に敏感なので、私たちにとってはまるで炭坑のカナリアのような存在です」。米カリフォルニア州魚類野生生物局のローラ・ロジャース=ベネット氏はそう話す。「食料を肉などの別のものに切り替えられないので、アワビの数が減ったということは、ケルプの森に異変が起きているということなのです」

次ページ:環境の変化が追い打ち

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

変化していく地形、水浸しの生活を強いられる人々、生息域を追われる動物たち、そして経済的ダメージまで、人類史上最大の危機を徹底レポート。気候変動によって変わりつつある世界の今に迫る1冊。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加