タ・プローム寺院の廃墟を覆う巨大なベンガルボダイジュの根。(Photograph by Kike Calvo, Nat Geo Image Collection)
[画像をタップでギャラリー表示]

 カンボジア、シェムリアップは、旅行者を古くからの友人のように迎えてくれる陽気な街だ。この地域には9世紀から15世紀にかけてクメール帝国の首都が何代にもわたって置かれていた。アンコール遺跡公園として知られるその遺跡群は、街の中心から6キロほど離れた場所にある。

 有名なアンコール・ワット寺院を含む広大な公園は、シェムリアップ最大の観光名所。しかし最近では、この街に長く滞在し、別の面から深掘りしたいと考える旅行者が増えている。数日滞在すれば、シェムリアップの輝かしい過去と鮮やかな現在の両方を体感できるだろう。この街を知る一番の方法は、物語をひとつずつ味わいながら、ゆっくり探索することだ。

1日目: 無数の寺院

 シェムリアップ観光の始まりにふさわしいのは、なんといっても夜が明けるずっと前に起きてアンコール遺跡公園を探訪することだろう。「トゥクトゥク」と呼ばれる三輪タクシーで20分ほどの道のりだが、緑の森が両脇に続く広い道を自転車に乗って行くのもよい。朝ごはんを持って出かけ、4、5時間かけてこの世界遺産を見て回りたい。たとえ観光客でごった返していても、朝日とピンクやオレンジ色に染まる空に浮かび上がる寺院のシルエットは神々しいばかりだ。

アンコール・ワットは名建築であり、カンボジアの全寺院を象徴する存在だ。(Photograph by Robert Harding Picture Library, Nat Geo Image Collection)
[画像をタップでギャラリー表示]

 広大な公園内には、9世紀から14世紀の間にクメール人が造った石造寺院、水路、貯水池など、驚くべき遺跡群が広がっている。最も有名なアンコール・ワット寺院は、200ヘクタールほどの広さを誇る世界最大の宗教モニュメントだ。12世紀前半にスーリヤヴァルマン2世によってヒンドゥー教寺院として建設され、ビシュヌ神に捧げられた。14世紀か15世紀に仏教寺院に改修され、今日でも上座部仏教徒にとって大切な場所になっている。

 内部の壁には、古代インドの大叙事詩『ラーマーヤナ』と『マハーバーラタ』の場面を描いた見事な彫刻が施されている。別の壁に彫られた88体のアスラ(阿修羅)と92体の悪神は、天地創造神話「乳海攪拌」の物語を伝える。傍らでは水の精アプサラスが、手の込んだ髪形を見せびらかすように謎めいた微笑みを浮かべている。(参考記事:「特集:アンコールの興亡」

次ページ:クメール料理教室に参加してはどうだろう

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

極上の世界旅行〔新装版〕

■今までの旅ガイドにない、圧倒的に美しい絶景写真を収録。■一歩先をいく、ラグジュアリーな大人のための旅先ガイド。■世界一素晴らしい場所、400カ所以上を収録。

定価:本体3,000円+税