北極探検で沈んだ19世紀の軍艦、驚きの内部を公開

歴史の大いなる謎、フランクリン探検隊の結末に迫る

2019.09.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国の軍艦テラー号の内部を調査するため、天窓から無人潜水機(ROV)を挿入する考古学者。(SCREENSHOT COURTESY PARKS CANADA, UNDERWATER ARCHAEOLOGY TEAM)

 1845年、カナダの北側を通って大西洋と太平洋を結ぶ「北西航路」を開拓すべく、ジョン・フランクリン卿が指揮する探検隊が英国を出発した。彼らが乗り込んだ2隻の英海軍の艦船エレバス号とテラー号は、その後長らく行方不明となっていたが、2014年と2016年に相次いで沈没した姿で発見された。

 このほど政府機関パークス・カナダの考古学チームが、遠隔操作の無人潜水機を使ってテラー号の内部を潜水調査したところ、極めて良好な状態を保っていることが判明した。(参考記事:「133人はなぜ北極に消えたのか、調査は今なお続く」

「驚くほど無傷です」と、調査プロジェクトのリーダー、ライアン・ハリス氏は話す。「とても170年前に沈没した船とは思えません。これほど良い状態の沈没船はめったに見られません」

不運な遠征を率いたジョン・フランクリン卿。英海軍の英雄で、北極探検家でもあった。(PHOTOGRAPH BY UNIVERSAL HISTORY ARCHIVE, UNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY)

「どの扉も、不気味なほど大きく開いていました」

 テラー号は、北極圏に浮かぶカナダのキング・ウィリアム島の沖で発見されたが、これまで徹底した調査は行われていなかった。2019年8月、海は例年よりも穏やかで水の透明度も高かったため、パークス・カナダのチームはイヌイットの人々の協力を得て、沈没船を7度にわたり探査した。極寒の海で、ダイバーたちは素早く行動し、メインハッチの昇降口と乗組員室、士官食堂、船長室の天窓から小型の無人潜水機を船内に入れたのだ。(参考記事:「19世紀に消えた北極探検船テラー号ついに発見」

「部屋と区画を合わせて20カ所、調べることができました」とハリス氏は話す。「どの扉も、不気味なほど大きく開いていました」

 小型の無人潜水機が映し出した光景を見て、ハリス氏らは驚きと歓喜の声を上げた。食堂の棚に収納されたガラス瓶やディナープレート。配置が変わった気配のないベッドや机。ケースに入れられた計器類が見えたからだ。船内は、大部分が堆積物に覆われているため保存状態が良く、航海日誌、海図、写真なども見つかる可能性もある。

まるで次の食事を待っているかのように、食器棚に皿が収納されている。テラー号の内部は大部分がシルトに覆われているため、遺物が酸素に触れず、良好な状態を維持している。(PHOTOGRAPH COURTESY PARKS CANADA, UNDERWATER ARCHAEOLOGY TEAM)

「堆積物、冷たい水、暗闇という条件のおかげで、完璧に近い嫌気性環境になっています。布や紙など、本来、分解されやすい繊細な有機物の保存に最適な環境なのです」とハリス氏は説明する。「衣類や書類を発見できると思います。判読可能なものも見つかるかもしれません。船長室の棚にはたいてい地図が置かれていますが、巻かれたり折り畳まれていたりする地図なら、損傷しないで残っている可能性も十分あります」(参考記事:「2400年前の沈没船を発見、驚きの保存状態」

次ページ:謎を解く手がかりとは?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年9月号

氷なき北極/北の果ての覇権争い/凍土に眠る炭素の脅威/消えた探検隊の謎/温暖化に注ぐ熱視線/オオカミと過ごした時間/氷が消える前に

2036年、北極海は初めて氷のない夏を迎える。氷の下に眠る資源や新航路をめぐって新たな対立が起きるのか? 永久凍土が解けるとどんな影響が起きるのか? 6本の特集とグラフィックで、北極の今を多角的にレポートします。

定価:本体1,028円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加