ハリケーン撃退法、珍案は核爆弾だけではなかった

2018年9月12日午前、国際宇宙ステーションの外に設置されたカメラが、大西洋上空を進む巨大なハリケーン・フローレンスを撮影した。熱帯低気圧を鎮めるために、科学者たちは過去50年間試行錯誤を繰り返してきた。(PHOTOGRAPH COURTESY NASA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー