大西洋最大の海洋保護区が誕生へ、日本より大きい

「信じられないほど美しい」絶海の英国領アセンション島

2019.08.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アセンション島は、セグロアジサシの営巣地となっている。(PHOTOGRAPH BY CLARE FIESELER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 南大西洋に浮かぶ島、英国領アセンション島の周辺44万平方キロメートルほどの海域が、正式に海洋保護区となる予定だ。このあたりは世界でも特に手つかずの自然が残り、生物多様性が豊かな海域となっている。(参考記事:「「世界の果ての海」が海洋保護区に認められるまで」

 地図で見る限り、アセンション島は絶海に浮かぶ小さな孤島だ。しかし、この島は海底火山の頂上にあたり、海の下には「世界有数の山脈」と言える大西洋中央海嶺が延びている。

日本国土の1.2倍

 アセンション島当局が保護区の計画を発表したのは、8月24日のこと。続く26日に、英国政府は700万ポンド(約9億円)を海洋保護に充てることを発表した。

 この金額の一部が、アセンション島海洋保護区の維持に充てられる見込みだ。海域の維持には、年間約15万ポンドが必要と見られている。保護区全体の広さは日本の国土の約1.2倍に相当する。英国政府はまだ予算の明細を発表しておらず、正式な保護区となるのはそれからになる。(参考記事:「本州の9割強相当の海洋保護区を設立、セーシェル」

「あと一歩のところまでやってきました」と、今回の保護区に関する交渉に参加したエイドリアン・ガーン氏は語る。氏は、海の保全を目指すナショナル ジオグラフィックの「原始の海」プロジェクトで、英国の保護区を担当している。(参考記事:「“原始の海”を守る、エンリック・サラ」

「地元自治体からの要請があり、英国政府は大筋で資金援助を約束しました。必要な技術はそろっています。あとは、英国政府が永続的に海洋保護区に資金提供するという書面での確約を残すのみです」

参考ギャラリー:息をのむような美しさ! 海洋保全を熱く訴える、水中写真15点(写真クリックでギャラリーページへ)
キューバのジャルダン・デ・ラ・レイナ(女王の庭)諸島で、カメラの近くを泳ぐペレスメジロザメ。(PHOTOGRAPH BY SHANE GROSS, NATIONAL GEOGRAPHIC YOUR SHOT)

次ページ:「海洋生物の豊富さに、ただ驚くばかりです」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PLANET OF WATER

すべては水から始まっている。地球上に生きる私たち、動物、植物など、あらゆる生命を満たす水を追いかけた写真集。

定価:本体2,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加