バーガー食べた都会カラスのコレステロール値は?

「人間の食べもの」は、都会の鳥の健康にどんな影響があるかをカラスで検証した

2019.08.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研究者らはカラスにチーズバーガーを与え、人間の残飯を食べることが鳥の生存率にどう影響するかを調べた。(PHOTOGRAPH BY ANDREA TOWNSEND)
[画像のクリックで拡大表示]

 アンドレア・タウンゼンド氏は、子供の頃、裏庭にやってくるスズメやコガラに餌をやるのが好きな少女だった。一方で、餌を与える行為が、鳥にとって良いことなのかどうかを疑問に感じていた。

 現在、タウンゼンド氏は米ニューヨーク州のハミルトン・カレッジで教える鳥類学者となり、鳥たちの食べものについて研究している。普段は、鳥たちに「無塩のピーナツなど自然の食物を与えている」というタウンゼンド氏だが、研究のため、鳥に人間の食べものを与えることにした。その食べものとはチーズバーガーだ。

 学術誌『The Condor』に2019年8月に発表された研究でタウンゼンド氏のチームは、都会の生活がアメリカガラスにどのような影響を与えているかについて論じている。彼らが注目したのは、高コレステロールの食べものによる影響や、農村地帯の鳥にハンバーガーを与えた場合、何が起こるかといったことだ。(参考記事:「コヨーテはなぜNYのバーの屋根に上ったのか」

カラスにチーズバーガー

 都会に生息するほかの鳥と同様、カラスは人間の食べものも摂取して生き延びている。カラスは人が出したゴミを何でも口にしているので、当然のことながら、自然界に存在しない加工食品も食べている。

 過去の研究では、都会や観光地に生息するイエスズメやイワイグアナなどの野生動物は、コレステロール値が通常よりも上昇していることがわかっている。

 タウンゼンド氏は、都会のカラスもまた、田舎にすむ同種の仲間に比べて、コレステロール値が高いのかどうかを調べることにした。 (参考記事:「カラスは親切な少女に贈り物をするのか?」

 研究チームはまず、米カリフォルニア州デイビスで、都市から農村エリアにかけてすんでいるカラスのひな鳥140羽について、3年間にわたって調べた。これによってわかったのは、都市部に近づくほど、カラスのコレステロールは実際に高くなるということだった。

 次にチームは、ニューヨーク州クリントンの農村エリアにすむカラスに、高コレステロールのチーズバーガーを与えてみた。マクドナルドに1度に注文したチーズバーガーの量は、100個にものぼった。

【動画】ゴミ箱を上手に開けるワタリガラス
カラスの近縁種であるワタリガラス。脳の大きさはクルミほどだが非常に賢く、人間のそばでの暮らしにうまく適応している。(解説は英語です)

次ページ:コレステロール値は高いのか?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

動物の心

知性 感情 言葉 社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加