崩壊進むタイタニック、実は壮絶な沈没だった

最新調査で腐食・崩壊が判明した豪華客船、「静かに眠りについた」は誤解

2019.09.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
潜水艇の光が、タイタニック号のさび付いた船首を不気味に照らし出す。タイタニック号は、1912年4月14日に氷山に衝突して沈没。1985年、カナダのニューファンドランド島沖の深海底で発見された。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

 全長269メートルの豪華客船タイタニック号の沈没について、多くの史料が「滑るように波の下に沈んでいった」と伝えている。船も乗客も静かに眠りについたかのような印象を与える表現だが、これはとんでもない誤解だ。

 専門家たちは長年、そのときどきに最新の浸水モデルとシミュレーションを用いて、タイタニック号を慎重に分析してきた。今では、この船を襲った最後の恐ろしい数時間を分単位で描き出すことができる。(参考記事:「強欲企業が生んだタイタニックの悲劇、事故対策は欠如」

腐食や崩壊がかなり進んでいた

 8月初め、タイタニック号の沈没地点である北大西洋の海底に有人潜水艇が到達し、専門家チームによる5回の潜水調査が8日間にわたって行われた。同チームは、今後AR(拡張現実)やVR(仮想現実)で3Dモデルを作れるように、沈没船の映像や画像を撮影した。こうした素材は、タイタニック号のさらなる解明に役に立つだろう。

 今回の調査を統括したカラダン・オーシャニック社によると、タイタニック号は塩分による腐食や、金属を食べるバクテリアによる崩壊がかなり進んでいるという。タイタニック号の潜水調査は、アトランティック・プロダクションズが撮影。ナショナル ジオグラフィック(TV)の特別ドキュメンタリー「ミッション・タイタニック」として、2020年に世界で放送される予定だ。(参考記事:「公海に沈むタイタニック号、誰がどう守る?」

「傷みが一番ひどかったのが、航海士室の右舷側、船長室があった場所です」と、タイタニック号に詳しい歴史家のパークス・スティーブンソン氏は話す。船体は、こうした特別室もろとも崩れ始めていた。

 研究者たちは、タイタニック号の腐食は今後も続くと予想している。科学者のローリー・ジョンソン氏は「これからもタイタニック号は時とともに朽ち続けるでしょう。それが自然のプロセスです」と話す。

次ページ:タイタニック号はこうして沈没した

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

失敗だらけの人類史

英雄たちの残念な決断

人類が犯してきた失敗の数々をアダムとイブまでさかのぼって検証した書。聡明で経験豊かなリーダーたちは、なぜ判断を間違えたのか。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加