キリバス共和国、ニクマロロ島の航空写真。アメリア・イアハートは、ヤシガニが多数生息するこの島に緊急着陸したとする説がある。(PHOTOGRAPH BY ROB LYALL, NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNEL)

 キリバス、ニクマロロ島は、太平洋に浮かぶ環礁だ。この島には、地球最大の陸生無脊椎動物ヤシガニが生息する。最大で体長90センチ、体重4キロにもなり、強力な爪をもつ。

 現在、ナショナル ジオグラフィックが支援する調査隊が、世界一周飛行中に消息を絶ったアメリア・イアハートの痕跡を探して、ニクマロロ島を調査している。そのなかで注目しているのが、この巨大な甲殻類だ。(参考記事:「伝説の女性飛行士遭難の謎、異説が浮上」

 調査を行う日中は、ヤシガニを避けるのは簡単だ。ヤシガニは巣穴から出てくると、ココヤシの木陰やレンの木の枝の間で過ごすからだ(ヤシガニは木に登れる)。

【ギャラリー】消えた女性飛行士の足取り、巨大ガニの動きで解く 写真4点(写真クリックでギャラリーページへ)
ニクマロロ島のヤシガニ。(PHOTOGRAPH BY GABRIEL SCARLETT, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 だが夜は?「ヤシガニに取り囲まれてしまいます」と話すのは、「歴史的航空機の発見を目指す国際グループ(TIGHAR)」の一員であり、ニクマロロ島への調査隊に10回以上も参加しているベテラン、ジョン・クラウス氏だ。「懐中電灯で照らすと、その光の外側には1000匹ものカニがいるのです」。少なくとも、そう思えるくらいいる。だから同氏は、地面で寝ないようにしてきた。

 アメリア・イアハートとナビゲーターのフレッド・ヌーナンは1937年7月2日、世界一周飛行の達成まで残り3行程のところで消息を絶った。イアハートのその後の足取りについてTIGHARが立てた仮説では、ヤシガニが重要な役割を果たしている。

 イアハートとヌーナンは、目指していた太平洋上の島、ハウランド島を見つけられず、ニクマロロ島に不時着したとTIGHARは考えている。当時ガードナー島と呼ばれていたニクマロロ島は、サンゴ礁に囲まれており、これが天然の滑走路になった可能性があるという。やがてヌーナンは死亡し、飛行機は流され、イアハートが島に1人残された。

 その島にいたのが、ヤシガニだった。(参考記事:「世界最大の海の聖域――ヤシガニ」

参考ギャラリー:消えた伝説の女性飛行士アメリア・イアハート、今も続く探索 写真9点(画像クリックでギャラリーへ)
1937年に消息を絶つ前、ロッキード・エレクトラ号のコックピットに座るアメリア・イアハート。(PHOTOGRAPH BY GETTY IMAGES)

次ページ:消えた骨の秘密はヤシガニに?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99

ファティマ第三の予言からチュパカブラまで

子どものころに一度は聞いたあのミステリーが、今よみがえる!

定価:本体2,200円+税