新たなプラ汚染問題 石そっくりのプラスチック

英国南部の浜辺に打ち上げられた丸い小石のようなプラ片。その問題とは?

2019.08.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国コーンウォールの浜辺で収集されたパイロプラスチック。石にしか見えない。(PHOTOGRAPH BY ROB ARNOLD)
[画像のクリックで拡大表示]

 英国南西部の海岸の浜辺を歩くと、打ち上げられた漂流物に混ざって小さなものから重いものまで、様々な石を見かける。どれも、見た目は代わり映えしない。違いといえば、灰色でも濃淡が違っているくらいだ。よく見れば色味が混じっているものもあり、どれも表面はすべすべしている。

 実際に手にとって見ると、見た目は同じでも、石ではないものが含まれていることに気付くだろう。

 それこそが「パイロプラスチック」だ。パイロプラスチックとは、焼かれることで石そっくりの外観を持つプラスチックのこと。今、新たなプラスチック汚染の原因として注目されている。地質学者でさえ、パイロプラスチックを石と見間違うことがある。英プリマス大学の環境科学者、アンドリュー・ターナー氏は、学術誌『Science of the Total Environment』に発表した論文で、パイロプラスチックは英国のみならず、世界の至るところに遍在する可能性があると指摘している。 (参考記事:「研究室 忍び寄るマイクロプラスチック汚染真実」

「パイロプラスチックは自然の石によく似ています。パイロプラスチックばかりの場所があったとして、そこを歩いても、石ではないとは気づけないでしょう」と、ターナー氏は言う。

なぜ、石そっくりに?

 ターナー氏が、パイロプラスチックに気づいたのは、数年前、「コーニッシュ・プラスチック汚染連合」(観光客で賑わう英コーンウォール郡のビーチ清掃に取り組む団体の連合)のボランティアからの連絡がきっかけだった。

 浜辺でゴミ拾いをしている人々が、石そっくりの謎の物体をよく見かけるようになったというものだった。物体はプラスチックでできており、水に浮かぶほど軽かった。ボランティアの中には、何千個も集めた人もいた。コーンウォール在住の環境アーティスト、ロブ・アーノルド氏などは、地元の美術館で、来館者がプラスチックの中に混ざった本物の石を探し当てるという趣向の展示までしていた。ちなみに、本物の石を見つけられた人はほとんどいなかった、という。

「展示は大成功でしたが、同時に空恐ろしくなりました」と、アーノルド氏は振り返る。「展示を見た人たちは、プラスチック汚染が身近なところにあるのに、それが見えていない現実にひどく驚いていました」 (参考記事:「使い捨てプラスチックの削減を、米版編集長が声明」

【動画】プラスチック101(解説は英語です)

次ページ:プラスチックは、なぜ灰色になった?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,083円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加