着色された顕微鏡画像。新たに発見された侵害受容グリア・神経細胞複合体と呼ばれる器官の構造は緑、神経細胞は赤、皮膚の外側部分の細胞は青で示されている。(REPRINTED WITH PERMISSION FROM HIND ABDO ET AL., SCIENCE, 16-AUG-2019.)
[画像をタップでギャラリー表示]

 注射針を刺された経験のある人ならわかるだろう。最初にちくりとし、次に鋭い痛みを感じる。思わず顔をゆがめたりしたくなるものだ。

 このような痛みはごく当たり前の感覚だが、その背後にある神経回路の仕組みは、完全には解明されていなかった。そのパズルの重要なピースが、今回見つかったかもしれない。これまで知られていなかった新たな感覚器官が、皮膚の内部にあることがわかったのだ。

「侵害受容グリア・神経細胞複合体」と名付けられたこの構造は、心臓や脾臓のような複雑な臓器とは異なり、グリア細胞(膠細胞)という細胞が網状に並んだだけの単純な器官だ。(参考記事:「“痕跡器官”とされた脾臓の役割解明」

 グリア細胞は、神経細胞を取り巻き、その働きを助けることが知られている。今回発見された器官では、皮膚の外側の層(表皮)と内側の層(真皮)の間にグリア細胞によるネットワークが形成され、そこから細い繊維のような突起が外側の層に伸びている。(参考記事:「脳の自浄システムが明らかに」

グリア・神経細胞複合体は、図でdと書かれた「真皮」と呼ばれる皮膚の内側の組織層と、eと書かれた「表皮」と呼ばれる外側の組織層の間にある。(REPRINTED WITH PERMISSION FROM HIND ABDO ET AL., SCIENCE, 16-AUG-2019.)
[画像をタップでギャラリー表示]

 8月16日付けで学術誌「Science」に発表された研究によれば、この単純な器官が、皮膚を圧迫したり刺したりする刺激によって起こる痛みを知覚するときに、重要な役割を果たしているようだという。これまでは「侵害受容線維」と呼ばれる神経細胞が、この種の痛みの主な出発点と考えられてきた。

「100年もの間、痛みは皮膚内の神経で感知されると考えられてきました」と論文の共著者であるスウェーデンの医科大学、カロリンスカ研究所の分子神経生物学者パトリック・エルンフォルス氏は述べている。「しかし、私たちは今回、グリア細胞も痛みの出発点である可能性を示しました」

次ページ:痛みを感じる仕組みに再考迫る

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

脳の謎

誰も知らない隠された能力

謎の多い人間の脳について、最近の科学的進歩を解説した書。人間の脳に関する「100の謎」を、学習、知能、意識、情動、加齢の5つのテーマに分類して、豊富な写真・イラストとわかりやすい文章で説明しています。

定価:本体1,400円+税