【動画】サメはなぜ光るのか?
生物蛍光を示す海洋生物はこれまでに200種以上見つかっていて、科学者たちはこの現象にどんな役割があるのかを調べている。(解説は英語です)

 海底の岩の割れ目でひっそりと暮らすサメたちは、ある秘密を持っている。皮膚から蛍光を発することで互いにコミュニケーションをとっているのだ。

 人間の肉眼ではこの光を見ることができず、適切な光を照射することで初めて発見できたのは、ほんの数年前のこと。そしてこのほど、これら底生サメが蛍光を発するしくみが明らかになった。(参考記事:「見えてきた!深海サメの光る理由」

 8月8日付けで学術誌『iScience』に発表された論文によると、底生サメが発する緑色の斑点や縞模様は、これまでに知られているどの生物蛍光とも異なる生体内反応で生じているという。しかも、このプロセスには未知の化合物が関係していた。

 さらに興味深いことに、これらの蛍光化合物には抗菌作用があり、サメを病気から守っている可能性が高いという。論文共著者のデビッド・グルーバー氏は、「今回の発見によって新たな謎の扉が開き、サメの皮膚が持つ驚異的な性質がまた1つ明らかになりました」と話す。グルーバー氏は米ニューヨーク市立大学バルーク校とアメリカ自然史博物館に所属する研究者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもある。

 今回調べられたサメのうち1種は、皮膚の表面にある小さな歯状のウロコを使って光を導いていることもわかった。グルーバー氏はこの構造を「光導波路」や「ライトセーバー」などと呼んでいる。「生物発光」するサメが利用する構造に似ているが、「生物蛍光」を示すサメで確認されたのは今回が初めてだ。

サメが光るしくみ

 蛍光に光る海の動物は、サメや硬骨魚類やウミガメで200種以上知られているが、科学者たちはもっと多く存在すると考えている。サンゴからクラゲや甲殻類まで、無脊椎動物にも蛍光に光る種は多い。(参考記事:「【動画】蛍光に光るウミガメを発見、世界初」

 生物蛍光は、動物の皮膚にある色素が、海の中で最も多い色である青い光を吸収して、緑色の光として再放出することで生じる。これは、化学反応によって動物が自ら光を発したり、光を放つ他の生物の宿主になったりして光る生物発光とは別の現象だ。(参考記事:「蛍光に光るウナギの仲間を発見、世界初」

参考ギャラリー:蛍光に光る海の生きものたち 写真8点
海洋生物学者デビッド・グルーバー氏が魚の生物蛍光に初めて気づいたのは、蛍光を発するサンゴの写真を仲間とともに撮っているときのことだった。緑に光るウナギのような魚(写真は類似のもの)が、写真に写りこんだのである。(PHOTOGRAPH BY DAVID GRUBER, JOHN SPARKS, AND ROBERT SCHELLY)

次ページ:未知の蛍光物質

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

20年以上、世界各地の海の写真を発表してきた水中写真家、鍵井靖章が今回選んだテーマは、見たことのない「未知の海」。232ページ、写真193点の大ボリュームで魅せる水中の絶景を、五つの切り口で存分に味わえます。

定価:本体3,200円+税