巨大オウムの新種化石を発見、肉食の可能性も、NZ

今から1600万年以上前に現在のニュージーランドにあたる地域に生息していた巨大なオウム「ヘラクレス・インエクスペクタトゥス(Heracles inexpectatus)」。研究者の推定によると、体高は1m、体重は約7kgもあったという。オウムの足元に描かれているのは、同じ時代にニュージーランドに生息していたクイオルニス(Kuiornis)という小型のミソサザイ。(ILLUSTRATION BY BRIAN CHOO)

【元の記事へ戻る】