パンダみたいなアリが!なぜか似ている生物6選

ヒョウ柄のカニ、ワニ頭の虫、ヘビ風イモムシも

2019.08.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「パンダアリ」と呼ばれるハチ。(PHOTOGRAPH BY CHRIS LUKHAUP)

 パンダみたいな昆虫に、ヒョウ柄のカニ。

 動物が現在の姿に進化したのには、さまざまな理由がある。求愛のためだったり、ライバルを威嚇するためだったり、カムフラージュや体温調節、捕食者を追い払うためだったりもする。例えば、毒のないスカーレットキングヘビは、毒を持つサンゴヘビにそっくりで、その外見は捕食者を遠ざけるのに役立つ。(参考記事:「【動画】ヘビのふりをするキツツキの仲間アリスイ」

 近縁の動物になりすまして敵から身を守る動物もいれば、ヒョウとカニというまったく別種の生物なのに、色や模様がそっくりに進化するものもいる。なぜか似てしまった動物たちを紹介しよう。

パンダアリ

 白黒のもふもふな姿から、英語でPanda Ant(パンダアリ)と呼ばれるこの昆虫。実は南米チリに生息するハチだ。アリバチと呼ばれるグループの1種で、なぜかチリから遠く離れた中国の人気者ジャイアントパンダに似ている。

 アリのように見えるのは主にメスだと、南アフリカ、クワズール・ナタール大学のデニス・J・ブラザーズ氏は言う。その印象的な模様は、「強烈な針を持っているぞ」という捕食者への警告なのかもしれない。

 一方、オスには針がなく、いわゆるハチらしい姿だと、米アリゾナ大学の昆虫学者ジャスティン・シュミット氏は言う。

ヘビに化けるイモムシ

【動画】ヘビにしか見えないが実は・・・(解説は英語です)

 スズメガの一種Hemeroplanes triptolemusの幼虫は、猛毒のクサリヘビになりすまして捕食者を追い払う。危険が迫ると、足を引っ込め体の前部を膨らませ、弱々しいイモムシから恐ろしいヘビに早変わりする。(参考記事:「【動画】毒ヘビ!と思ったら実はこの生物だった」

 しかし、この技が見られる期間は短い。イモムシでいる間の30日のうち脱皮する数日しか、ヘビに変身できないからだ。

次ページ:ワニ頭の昆虫

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ミラクル昆虫ワールド コスタリカ

昆虫とともに暮らす著者の、ちょっと変わった昆虫中心生活。奇妙で面白い昆虫写真が満載!

定価:本体1,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加