外来アライグマ、生息適地はもっと広がる 研究

アライグマは、この写真のような米テキサス州のサボテンから、北米の針葉樹林、カリブ海のマングローブの森に至るまで、どこでも生きていくことができる。その生息可能域は、世界中の多くの場所で拡大を続けている。(PHOTOGRAPH BY KARINE AIGNER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー