動き出す海底資源掘削、深海への理解は十分か?

深海底の資源に注目が集まるが、その生態系はまだまだ知られていない

2019.07.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コバルトを豊富に含むフェロマンガンは、深海底でこぶ状の堆積物を作る。多くの企業がこうした鉱物資源を採掘したがっており、そのために堆積物の上や周囲にどういった生物が生息しているのかを調査している。(PHOTOGRAPH COURTESY OF CHRISTOPHER KELLEY, NOAA)
[画像のクリックで拡大表示]

 深海に暮らす奇想天外な生き物たちの運命は、国際海底機構(ISA)が非公開で保管してきた科学データに懸かっているかもしれない。

 ISAは、ジャマイカに本部を置く国連機関で、海底資源の採掘を推進する一方で海底環境を保護するという矛盾した責務を負っている。科学データは、海底鉱物資源を採掘する企業が収集したまま、18年もの間、ISAが保管してきた。

 だが、その秘密が解かれようとしている。ISAは7月に開かれた年次会で、掘削開始許可のための国際ルール作りに着手したが、それに伴い、2001年以降に企業から報告された全環境データを含むデータベースを公開する予定だ。これにより科学者が、集められた情報を分析し、採掘を請け負う企業がISAの規則に従ってきたかどうかを判断することが初めて可能となる。

 何より重要なのは、ISAが海底掘削の根底にある大きな問いに答えようとしているということだ。それは、掘削による深海の希少種や未発見種の絶滅を防げるほどに、私たちは、地球最後の秘境である深海底について理解しているのだろうか?という問いだ。

 ISAは合わせて29の法人、スタートアップ企業、政府系企業に、コバルトやニッケルといった鉱物を含む海底を探査する許可を発行している。こうした金属は、電気自動車のバッテリーからスマートフォンまでさまざまな機器に含まれており、需要が非常に大きい。企業は採掘の許可を得るかわりに、それぞれの鉱区について環境基礎データを収集することが義務付けられている。しかし、これまでISAは得られたデータを最高機密として扱い、同機構の方針を決定する協議会すらそうしたデータにアクセスできないようにしていた。

まだまだわかっていない

 深海についてはいまだにわからないことが多いため、深海での採掘がもたらす影響を見極めるには、ベースラインとなる環境データが必要だ。さらに、掘削の長期的な影響をモニタリングするためにも、基礎データは必須となる。

「そうした環境基礎データは、文字通りすべての土台となるものであり、量だけでなく質とアクセシビリティが問われるものです」と、大英自然史博物館の生物学者、ディーバ・エイモン氏は話す。

次ページ:しかし、まばらな科学データ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

20年以上、世界各地の海の写真を発表してきた水中写真家、鍵井靖章が今回選んだテーマは、見たことのない「未知の海」。232ページ、写真193点の大ボリュームで魅せる水中の絶景を、五つの切り口で存分に味わえます。

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加