アラスカの潮間氷河の1つ。海中で解ける速さは、これまで科学者たちが理論モデルから予想していたよりも100倍以上速いことが分かった。(PHOTOGRAPH BY JIM MONE/ AP)
[画像をタップでギャラリー表示]

 海に流れ出している氷河が海中でどのように解けているのかを新たに測定したところ、驚くべき結果が明らかになった。科学者がこれまで考えていたよりも、解けるスピードが2桁、すなわち100倍以上速かったという。

 この論文は学術誌「サイエンス」に7月26日付けで掲載された。海洋学者と氷河学者のチームによる研究は、「潮間氷河(海に流れ出す氷河)」が変化するプロセスについての研究を、新たな段階に進める成果だ。(参考記事:「「海氷の裏側」がホッキョクグマの命運を握る理由」

「いま実際に起きている氷河の融解に、私たちの仮定と劇的に違う部分があることを発見したのです」。米コロラド大学ボルダー校、国立雪氷データセンター(NSIDC)の氷河学者で、この研究には関わっていないトゥワイラ・ムーン氏はこう話す。

 氷河が分裂したり解けたりするのは、冬から夏への季節の移り変わりの中で起こる自然なプロセスで、夏の間ずっと続くこともある。だが、温暖化のため、地球全体で氷河の融解が速くなっている。そして、目に見える表面だけでなく、海中でも氷河が解けている可能性がある。

「水面下に沈んでいる部分が数十~数百メートルにもなる氷河もあります」と、米ボイシ州立大学の氷河学者エリン・エンダーリン氏は説明する。海の中での融解が速いという発見は、「氷河は、私たちが考えていたよりもずっと海洋の変化に敏感」だということになる、とエンダーリン氏。したがって、融解プロセスを解明し、その量を正確に算出することは、海面上昇の予測に欠かせない。なお氏は今回の研究に参加していない。(参考記事:「未曾有のペースで進む グリーンランド氷床融解」

「実現できたというだけで、最高の気分です」と、米オレゴン大学の海洋学者で、論文の筆頭著者であるデイビッド・サザーランド氏は振り返る。「うまく行くかどうか、確信はありませんでした」

次ページ:「船が氷をかき分けられず前に進めない」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

変化していく地形、水浸しの生活を強いられる人々、生息域を追われる動物たち、そして経済的ダメージまで、人類史上最大の危機を徹底レポート。気候変動によって変わりつつある世界の今に迫る1冊。

定価:本体1,400円+税