2018年、フランスの首都パリには、なんと3500万人の旅行者が訪れたという。パリ、そしてパリを愛する人々にとって、ひっきりなしに観光客が押し寄せるオーバーツーリズムは現実の問題だ。パリに引き寄せられるのも無理はないが、フランスには魅力的な都市がまだいくつもあることを忘れていないだろうか。(参考記事:「2011年2月号 ようこそ、パリの地下世界へ」

 フランスへの旅行を計画するなら、パリへの愛をフランス全土に広げてみよう。ここで紹介する5つの都市はいずれも、歴史、料理、ワイン、買い物、芸術、文化を十分に提供してくれる。もちろん、言葉では表現できない「フランス独特の雰囲気」もあるので、フランスびいきが満足すること請け合いだ。 (参考記事:「パリの忘れられたユートピア」

アルル

アルル
フィンセント・ファン・ゴッホの足跡をたどり、フィンセント・ファン・ゴッホ財団で傑作を鑑賞しよう。(PHOTOGRAPH BY KEREN SU, CHINA SPAN/ALAMY STOCK PHOTO)
[画像をタップでギャラリー表示]

 フィンセント・ファン・ゴッホはアルルを愛し、1888〜1889年、アルルで暮らしながら、印象的な傑作を次々と生み出した。ユネスコの世界遺産に登録されているローマ遺跡とロマネスク様式建造物、雰囲気のある街並み、1年のうち300日も太陽が降り注ぐ気候。ゴッホがアルルに魅了された理由がよくわかる。ウォーキングツアーマップをダウンロードし、ゴッホが描いた場所を巡るか、フィンセント・ファン・ゴッホ財団に立ち寄り、ゴッホの作品を鑑賞するのがおすすめ。イタリア、ローマのコロッセオをモデルにした2階建ての円形闘技場では、ショーやコンサートを楽しめる。夏の火曜日には、戦車競走や剣闘士の戦いをテーマにした演劇やスポーツイベントが開催される。

持続可能な旅のヒント:タコ&コーが電動アシスト付き人力車ツアーを提供している。駅との往復に利用すれば、荷物と一緒に運んでもらえる。

ストラスブール

ストラスブール
木組みの家が立ち並ぶ石畳の道を散策し、ドイツとフランスの文化が溶け合った街の歴史を味わおう。(PHOTOGRAPH BY ROBER HARDING PICTURE LIBRARY, NAT GEO IMAGE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 フランス北東部グラン・テスト地域圏の首府ストラスブールは、フランスとドイツの文化が完全に溶け合った街。世界遺産に登録されている市街地は中州になっているため、中世の街並みを眺めるには、ボートツアーに参加するのがおすすめだ。ただし、プティット・フランス地区に到着したら、ぶらぶら歩いてみよう。石畳の道、アーチ橋、窓際に花が飾られた木組みの家など、美しい風景が待ち受けている。シュークルト(ザワークラウト)、フラムクーヘとも呼ばれるタルト・フランベなど、名物料理にも、ドイツとフランスの歴史が見て取れる。タルト・フランベはピザに似た料理で、薄いサクサクの生地にフロマージュ・ブランやタマネギの薄切り、ベーコンが乗せられている。12月に訪問すれば、ゴシック様式のストラスブール大聖堂とその一帯がスノードームのような景色に変わる。有名なクリスマスマーケットも始まり、街全体がクリスマスムードに包まれる。 (参考記事:「一度は訪れたい、世界の美しい「水の都」8選」

持続可能な旅のヒント:サイクリングルートが整備されており、史跡や公園を周遊するといいだろう。ストラスブールで最も緑が多いオランジュリ公園には、アルザス地方のシンボル、コウノトリの保護区もある。

参考ギャラリー:ヨーロッパの美しい、魔法のような村 19選(画像クリックでギャラリーへ)
フランス、エギスアイム
アルザス地方のワイン発祥の地と考えられているエギスアイム。16世紀に創業した30余りの地元の業者のうち、ドメーヌ・エミール・ベイエと呼ばれる古いワイナリーで試飲を行うこともできる。(PHOTOGRAPH BY GERHARD WESTRICH, LAIF/REDUX)

次ページ:かつての公国の首都も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

地元の人しか知らない素敵な場所

日本人はまだまだ行かない、世界各地の「地元」の人々が本当に愛している場所を紹介。ありふれた観光旅行には飽き足らない、その土地ならではの楽しみを味わう旅をしたい方にぴったりのアイデア満載の1冊です。

定価:本体2,200円+税