珍獣センザンコウの取引禁止で巨大魚が危機に

アマゾンの巨大魚ピラルクーはなぜ狙われるのか?

2019.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界で最も密売されている哺乳類センザンコウ。その大半がウロコ目的だ。(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON, GETTY/NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 センザンコウは、世界で唯一ウロコを持つ哺乳類であり、世界で最も密売されている哺乳類でもある。アジアやアフリカで横行する密猟の主な目当ては、中国の伝統薬に使われるウロコ。調査によると毎年、数十万匹が殺されているという。(参考記事:「こんなに愛らしい、希少な哺乳類センザンコウ」

 しかし、センザンコウが狙われる理由はウロコだけではなく、需要の中心もアジアだけとは限らないとする論文が、学術誌「Conservation Science and Practice」に発表された。米国は2000年までセンザンコウの皮の主要な輸入国であり、その風変わりな皮がカウボーイブーツやベルト、財布に加工されていた。

 2017年、センザンコウ全8種の国際取引が禁止された。論文によると、センザンコウの流通が途絶えてから、米国の輸入業者は、代替としてアマゾン川に生息する魚ピラルクーの皮を使い始めたという。ピラルクーは体長3メートルにもなる巨大魚だ。この2種は生物学的にはまったく異なるが、どちらもその皮をなめすと似たような菱形模様になる。

アマゾン川流域に生息する世界最大級の淡水魚ピラルクー(アラパイマとも呼ばれる)。食用のほか、米国では革製品に使うために、危機にさらされている。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN ALVAREZ, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 ピラルクーの乱獲は、すでにアマゾン川流域で重大な問題となっているが、センザンコウの代替品としての需要が野放しにされると、より一層深刻になるだろうと論文の著者は警告している。(参考記事:「ピラルクーの新種を「発見」、複数存在か」

「米国で昔からセンザンコウの人気が非常に高かったことを考えると、ピラルクーの市場は大きいと考えられます」と論文の筆頭著者であるオーストラリア、アデレード大学の研究者サラ・ハインリッヒ氏は話す。「ピラルクーの取引は、すぐに抑えきれなくなるかもしれません」

 これまで、センザンコウの皮取引と生息数減少の関係は、あまり問題視されてこなかった。しかし、センザンコウの専門家である英オックスフォード大学の博士研究員ダン・チャレンダー氏は、「皮の取引がセンザンコウにとっての脅威だったことは確かです」と指摘する。なお、同氏は今回の研究には関わっていない。(参考記事:「1.3億円相当、センザンコウのウロコ4トン押収」

【参考ギャラリー】希少な哺乳類センザンコウの愛らしい姿 写真12点
土の中をのぞき、アリを探す若いセンザンコウ。センザンコウは、長い舌を伸ばしてアリなどを捕食する。(PHOTOGRAPH BY ELYANE AND CEDRIC JACQUET)

次ページ:取引の推移を調べてみると…

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

100年後も見たい 動物園で会える絶滅危惧動物

ナショナル ジオグラフィックの写真家、ジョエル・サートレイが撮影した美しい動物の写真とともに、動物園で見られる絶滅危惧種40種を紹介。A5サイズ・特製クリアファイル付き!

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加