天の川銀河の最古の星々を特定、「宇宙最古級」

銀河系の歴史を解く重要な手がかり、100億年前には別の銀河と衝突

2019.07.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガイア宇宙望遠鏡のデータを基に、1億5000万個の恒星を含む天の川銀河を描いた図。オレンジ色と黄色の部分は、恒星が多く集まっている場所だ。このなかのいくつかの恒星について正確な年齢が計算され、そのなかでも最も古い恒星の集まりが特定された。(Illustration by ESA/Gaia/DPAC, A. Khalatyan(AIP) & StarHorse team; Galaxy map: NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (SSC/Caltech))
[画像のクリックで拡大表示]

 夜空にきらめく星のなかには、天の川銀河(銀河系)が誕生した時からずっと輝き続けている恒星があることを科学者らが確認した。そうした星々が集まって、天の川銀河はビッグバンから数十億年のうちに生まれ、渦を巻きながらさらに成長し、気の遠くなるような年月をかけて今のようになったという。

「宇宙最古級の星たちとほぼ同じ年齢です」と、スペイン領カナリア諸島にあるカナリア天体物理学研究所のカルメ・ガヤルト氏は語る。その年齢とは、驚きの100億~130億歳。天の川銀河の初期の恒星の年齢がここまで正確に測定されたのは初めてだ。ガヤルト氏らによるこの研究は、7月22日付けで学術誌「Nature Astronomy」に発表された。(参考記事:「ビッグバンは宇宙の始まりではない」

「天の川銀河の最古の星々を実際に特定したというのはとても興味深いです。私たちの銀河系の過去について何かわかるかもしれません」と、米バージニア大学のクリス・ヘイズ氏は述べている。なお、同氏はこの研究には参加していない。

「そのような星が存在しているのはわかっていましたが、ようやく特定されました。銀河系の歴史を紐解く重要な手がかりになるでしょう」

 銀河系の歴史は、考古学における遺物のように、恒星の年齢、組成、配置に刻まれている。例えば、古い恒星を分析する過程で、研究チームは私たちの銀河が過去に別の銀河と衝突していたことを示す証拠も発見した。(参考記事:「21年後に巨大ブラックホールが衝突へ」

 およそ100億年前、原始の天の川銀河は「ガイア―エンケラドス」と呼ばれる小さな銀河と衝突した。現在、天の川銀河の中に散らばる異質な青い恒星の集団は、消滅したガイア―エンケラドスの名残である。(参考記事:「天の川銀河、100億年前に小銀河をのみ込んだ」

次ページ:銀河の考古学

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

宇宙の真実

地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かす。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加