いつか乗ってみたい 世界の素敵な地下鉄10選

目を見張るような建築、史跡、驚くべき景観に満ちた駅や路線を紹介

2019.08.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
むき出しの岩盤がそのままのロードヒューセット(裁判所)駅は、ストックホルム地下鉄のブルーラインにある最も壮観な駅のひとつだ。(PHOTOGRAPH BY ALEXANDER SPATARI, GETTY IMAGES)

 旅行先でその土地の人になった気分を味わうには、地元の人たちが利用する公共交通機関で目的地へ向かうのがいちばんだろう。

 ときには移動すること自体が、醍醐味にもなる。通勤客の人波にもまれ、迷路のような路線図を読み解きながら、地下鉄に乗ってみるのはどうだろう。アート展示やショッピング街など、世界の地下鉄には楽しめる場所がいくらでもある。

ロシア、モスクワのカリツェヴァーヤ(環状)線

 1950年代、冷戦の真っ只中に建設されたロシアの首都モスクワの環状線は、象徴的なスターリン様式の駅で知られる。コムソモーリスカヤ駅は豪華な装飾が施されたバロック様式のアーチ型天井が特徴で、タガンスカヤ駅は赤軍の兵士を描いた陶器のレリーフが自慢だ。

参考ギャラリー:モスクワの荘厳な地下鉄駅、写真10点
コムソモーリスカヤ駅:このモスクワ市でも有数の乗降者数がある駅では、全部で68本の見とれるほど美しい大理石の柱を、シャンデリアが照らしている。(PHOTOGRAPH BY JEFF HEIMSATH)

旅のヒント: ロシアの作家ドミトリー・A・グルホフスキーの『メトロ2033』は、核戦争後のモスクワを舞台にした小説だ。それを読んでモスクワ地下鉄の雰囲気に浸ったら、ガイド付きツアーに参加して、「人民のための宮殿」として建設された各駅の贅沢で優雅な地下空間を見て回ろう。(参考記事:「特集:モスクワ暗夜行路」

フランス、パリの1号線

 メトロの1号線には、ラ・デファンス地区や凱旋門からルーブル美術館やバスティーユ監獄まで、パリのランドマークへの最寄り駅がいくつも連なる。1900年パリ万国博覧会の期間中に開通したメトロには、エクトール・ギマールがデザインしたアール・ヌーボー様式の入り口が当時のまま残る駅も多い。パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーブル駅はルーブル美術館の入り口に直結しているが、かつての最寄り駅だった隣のルーブル・リボリ駅には収蔵品のレプリカが飾られている。(参考記事:「特集:ようこそ、パリの地下世界へ」

旅のヒント: パリ市観光局公式サイトで、メトロの切符の購入と路線図のダウンロードができる。欧州で2番目に乗降客が多く、300を超える駅があるパリメトロを乗りこなすのに役立つはずだ。

次ページ:台湾の印象的な駅舎

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の美しい地下鉄マップ

166都市の路線図を愉しむ

世界の地下鉄路線図を網羅した地下鉄マップ”図鑑”

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加