食品用ラップをめぐる厄介なプラ問題、代替品は?

便利極まりない生活必需品も、リサイクルが難しいという弱点が。解決の道はあるか

2019.07.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食品包装用ラップフィルムの素材は、1930年代、研究所での偶然のできごとにより発見された。現在は100種類以上のブランドの製品が販売されている。(PHOTOGRAPH BY HANNAH WHITAKER, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 ツヤツヤとして透明なプラスチック製の食品包装用ラップフィルム(プラスチックフィルム)は、1930年代にある化学研究所で誕生した。ビーカーの底にこびりついて取れなくなった実験の残りかすが発端だった。水をほとんど通さないこの物質は当初、米軍がブーツや飛行機の防水に使用していた。今では食品用ラップには100種類以上ものブランドが存在し、世界中の消費者や食料品店に使われている。

 米国人は食品用ラップが大好きだ。ある産業調査グループによると、2018年には、8000万人近い米国人が半年間でラップを1ロール以上消費している。多い人では10ロール以上使い、その数は500万人を超えるという。また2019年に生産されるプラスチック製ラップのうち、スーパーマーケットや輸送などで商業利用される量は300万トンにのぼると見られている。(参考記事:「歯ブラシの驚きの歴史、かつては贅沢品だった」

 持ち運びに便利で、安価で、食べ残した食品の寿命を伸ばしてくれるラップだが、大きな欠点もある。プラスチック汚染を悪化させ、リサイクルが難しい。また、有害性が指摘される化学物質から作られていることから、特に環境中で分解された場合は、その影響は大きくなる可能性があるのだ。(参考記事:「バイオプラスチックは環境に優しいって本当?」

「1950年代には、今のように効果的な食品保存の方法が存在しなかったことを考えれば、ラップの需要が非常に高かったのもうなずけるでしょう」と、カナダ、サイモンフレーザー大学の海洋生態毒物学者、リーア・ベンデル氏は言う。

「70年前の暮らしに、プラスチックは入り込んでいませんでしたが、戦後の好況期になって、化学者たちが便利な薬品や物質を次々に生み出したのです。中でも大きな役割を果たしたのが、害虫駆除に使われる農薬、除草剤、プラスチックでした」

次ページ:ラップは偶然、誕生した

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,083円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加