【動画】ホホジロザメを食べるシャチ、狙いは肝臓

「メスを使って手術するかのように、肝臓を摘出していた」と研究者

2019.08.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】サメの肝臓を狙うシャチ(解説は英語です)
南アフリカの生物学者たちが、シャチに殺されたホホジロザメの死骸を調べている。シャチによるホホジロザメの襲撃がじかに観察されたことはほとんどない。(NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNEL)

 数年前、肝臓のないホホジロザメの死骸が南アフリカの海岸に打ち上げられたと聞いて、米ロサンゼルス郡立自然史博物館で研究員として働く生物学者アリサ・シュルマン・ジャニガー氏はショックを受けた。

「デジャブだ。また同じことが起きたと思いました」と同氏は振り返る。

 1997年10月、サンフランシスコ沖に浮かぶファラロン諸島の周辺でホエールウォッチングをしていた人々が、2頭のシャチがホホジロザメに襲い掛かり、肝臓を取り出して食べるのを目撃したのだ。(参考記事:「【動画】ウミガメをもてあそぶシャチ、なぜ?」

 シャチがホホジロザメを食べる姿が記録されたのは初めてのことだった。この出来事をきっかけに新たな研究が始まったが、シュルマン・ジャニガー氏を含めて研究者が抱いた疑問はシンプルなものだった。いったいシャチがいくら凶暴な動物といっても、海のハンターとして知られるホホジロザメをどうやって襲うのだろうか?(参考記事:「【動画】シャチ集団がクジラを襲撃、協力して捕食」

 米モントレー湾水族館の研究者スコット・アンダーソン氏は、ナショナル ジオグラフィックのTV番組「SharkFest」の「Whale That Ate Jaws: Eyewitness Report」というエピソードで、「あの瞬間から、シャチとホホジロザメに対する見方が変わったように思います」と述べている。

ゾウアザラシの数にも影響

 その後、1997年の出来事が決して偶然でないことが判明する。2017年、南アフリカ西ケープ州で、5頭のホホジロザメが海岸に打ち上げられたのだ。シャチがホホジロザメを殺す姿が目撃されたわけではないが、過去の事例と類似点があり、シャチが有力な容疑者として浮上した。(参考記事:「【動画】巨大ホホジロザメ、映像では過去最大級」

 アンダーソン氏によれば、これらの出来事は、シャチ、ホホジロザメという2つの捕食者の相互作用が食物連鎖に大きな影響を及ぼし得ることを示唆しているという。例えば、アンダーソン氏は最新の研究で、シャチの存在によって、ファラロン諸島の周辺からホホジロザメが追い払われ、その結果、ホホジロザメの主食であるゾウアザラシのコロニーが恩恵を受けていると指摘している。

 1997年の一件が起きた後、ホホジロザメの個体群は通常より早くファラロン諸島を離れ、毎年恒例となっていたゾウアザラシの襲撃をあきらめたと、アンダーソン氏は述べている。

 2006年から2013年にかけて、アンダーソン氏のチームは165頭のホホジロザメに音響タグを装着し、仮説の裏付けを取った。ホホジロザメがシャチと遭遇した年は、ホホジロザメがゾウアザラシを食べる数が減少していた。

参考ギャラリー:賢いハンター、シャチの写真13点(画像クリックでギャラリーへ)
シャチは最大で40頭ほどの群れで密集して泳ぎ、近くの獲物を協力して襲うことも多い。この群れのシャチは、ニシンの群れをまとめて、狩りをする準備をしている。(ノルウェー、アンフィヨルド)(Photograph by Paul Nicklen, National Geographic Creative)

次ページ:ホホジロザメの肝臓はなぜおいしい?

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

20年以上、世界各地の海の写真を発表してきた水中写真家、鍵井靖章が今回選んだテーマは、見たことのない「未知の海」。232ページ、写真193点の大ボリュームで魅せる水中の絶景を、五つの切り口で存分に味わえます。

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加